にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
昨日の汐入駅の話題の続きで、京急 新1000形(17次車)です。
結果的に連続のほうがよいと思ったので、予定していた内容と変えて、続けて先に掲載します。

現時点で、まだレアな新1000形(17次車)は、ステンレス車体への全面塗装(先頭車両の前部のみ、以前と同じ普通鋼への塗装)ということで、これまでにない光沢が目立ちます。
(写真1 京急 新1000形17次車 1613編成 南太田駅)
京急 新1000形17次車 1613編成 南太田駅

車体側面は、鋼製やアルミの車体への塗装とは、明らかにちがって見えます。
(写真2 京急 新1000形17次車 側面 金沢文庫駅)
京急 新1000形17次車 側面 金沢文庫駅

アップで見ると少し伝わるかもしれませんが、実車なのに、鉄道模型の16番/HOゲージでの(ポリウレタン樹脂)塗装みたいな感じがしなくもありません。
また、ラッピングで全面塗装に近づけた車両(1800番台ほか)と比べると、窓枠などの銀色部分がなくなりましたので、そういった点でも雰囲気がだいぶちがうかと思います。
(写真3 ステンレス車体への塗装)
ステンレス車体への塗装

そして、車内は、2画面・左右一体となったLCDの情報提供装置は、停車駅などをワイドに表示します。
(写真4 2画面表示のLCD)
2画面表示のLCD

なお、16次車から復活した(ステンレス車としてははじめてだった)ボツクスシートには、同じくセットで補助席もあります。
(写真5 ボツクスシートの補助席)
ボツクスシートの補助席

このほか、デザインが少し変わった袖仕切りは、大きいながらも明るい感じがします。
(写真6 デザインが少し変わった袖仕切り)
デザインが少し変わった袖仕切り

おまけとして、南太田駅で通過列車の待避を行う際に、気温が低いため中央のドアを締めたままと(ドアカット)したときは、ドア上部のLCDにも、その案内が表示されました。
(写真7 ドアカットの表示)
ドアカットの表示

同じ新1000形に、大きく分けても、アルミ車、ステンレス車、1800番台(貫通形)、マイナーチェンジ車(16次車)・・・と、いろいろな車体のタイプと呼び名があるのは、謎の一つといえるかもしれません。
関連記事
コメント
コメント
快適な車両へ
Levalloisbee 様

いつも、ありがとうございます。

京急の車両は、2100形では、とても快適で評判がよかったものの、その後の新1000形登場からは、車端部のみのクロスシート→通称ドレミファインバーターの不採用→方向幕からLED行先表示器へ→車体のステンレス無塗装化・完全ロングシート化など、新車が出てくるたびに、京急としての特徴が失われてきていました。

また、ドア上部のLCDも、当初はJRなどと同じく2つ付いていましたが、すでに設置済みの車両も1つにもどすなど、貧弱になる一方で、とても寂しく感じるところでしたので、ここにきて、少し乗る楽しみが増してきたように思います。

話は変わりますが、相変わらず、大変お忙しいようですので、お体を大切にしていただければと思います。
2018/01/30(火) 04:17:45 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
乗りやすい1000形
こんばんは、Levalloisbeです。京急には最近再び時々乗るのですが、この新1000形(多分)にもよく出会います。とても乗りやすいですし、見た目も良い印象だったのですが、こういうヒミツもあったのですね。情報ありがとうございます。
2018/01/30(火) 00:36:06 | URL | Levalloisbee #Jw1Ex0SQ [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する