にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月18日(金)~20日(日)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催された「第18回 国際鉄道模型コンベンション」(JAM)から、モデラー出展の12回目です。

今回も、「J-TRAK Society」の皆さんのモジュール作品となります。
まずは、周囲を鏡のようもので囲って、奥行きを出しているモジュールからです。
(写真1 周囲を鏡のように映し出したモジュール)
周囲を鏡のように映し出したモジュール

郊外の景色といった感じのところに川が流れていて、鉄橋がかかっています。
下から見上げた様子は、とてもリアルです。
(写真2 鉄橋と川)
鉄橋と川

この先には、野外でも食事をとれるような店らしきシーンがあります。
このような環境であれば、会話も弾み美味しくごちそうになれそうです。
(写真3 ガーデン)
ガーデン

つづいては、地方の門前町らしきモジュールです。
左にお寺、右に神社という設定のようです。
(写真4 地方の門前町)
地方の門前町

神社側では、露店や神輿など、お祭りが行われているシーンとなっています。
(写真5 お祭り)
お祭り

前回の中央線をイメージしたのではないかと思うジオラマと同じく、地方鉄道との接続駅が作られています。
(写真6 接続駅)
接続駅

「第18回 国際鉄道模型コンベンション」のモデラー出展からは、あと数回の予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する