にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の20回目です。

今回は2校です。まずは、“塩江温泉”をイメージしたという「八洲学園高等学校 創造分野アートプログラム」の作品です。
なかでも、ここの桜をメインにしています。
(写真1 八洲学園高等学校 創造分野アートプログラム)
八洲学園高等学校 創造分野アートプログラム

全体を走行する列車のため、モデルの地域に関係なく小田急の車両が通過していきますが、橋や桜ととてもマツチしています。
(写真2 塩江温泉のイメージのモジュールより)
塩江温泉のイメージのモジュールより

川から見る桜も、とてもすてきです。
(写真3 桜と川)
桜と川

また、カーブ区間の線路沿いに咲く桜も、本当にきれいに見えます。
(写真4 桜と線路)
桜と線路

コーナーのモジュールとして、よくできていますけれど、見る角度によっていろいろな楽しみがあり、今回は5枚の写真を掲載しました。
(写真5 モジュール全体)
モジュール全体

そして、つぎは、1枚でも、すごいインパクトのある“秩父神社”をテーマにした「埼玉県立秩父農工科学高等学校 電気システム科 課題研究 鉄道班」の作品です。
ユネスコ無形文化遺産に登録された「秩父夜祭」を表現しています。
また、大きな鳥居も、作品に力を与えているような気がします。
(写真6 埼玉県立秩父農工科学高等学校 電気システム科)
埼玉県立秩父農工科学高等学校 電気システム科

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の話題は、まだ、つづきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する