にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の19回目です。

はじめは、“中央本線と猿橋の宿場町”というタイトルの「東京都立戸山高等学校 地理歴史部」の作品です。
1900年代前半の大月市(山梨県)猿橋付近を表現したものです。
(写真1 東京都立戸山高等学校 地理歴史部)
東京都立戸山高等学校 地理歴史部

刎橋や鉄橋のほか、猿橋宿や民家にはドラマがあります。
(写真2 猿橋の宿場町)
猿橋の宿場町

2校目は、鶴見線の“新芝浦駅”を再現した「正則学園高等学校 鉄道同好会」の作品です。
支線の終点である海芝浦駅のひとつ手前の駅で、専用線への引き込み線などにも目を向けています。
(写真3 正則学園高等学校 鉄道同好会)
正則学園高等学校 鉄道同好会

3校目は、“昭和の風情残る二子玉川”というタイトルの「城西大学附属城西高等学校 科学部」の作品です。
東急田園都市線の二子玉川駅~用賀駅間を表現しています。
(写真4 城西大学附属城西高等学校 科学部)
城西大学附属城西高等学校 科学部

4校目は、“東海道 旧戸塚大踏切”というタイトルの「日本大学藤沢高等学校 鉄道研究部」の作品です。
開かずの踏切だった頃の東海道線戸塚駅付近を、コーナーのモジュール上に作ったものです。
(写真5 日本大学藤沢高等学校 鉄道研究部)
日本大学藤沢高等学校 鉄道研究部

5校目は、“失われた技術(テクノロジー)”というタイトルの「多摩大学目黒中学・高等学校 クラフト部」の作品です。
線路のサイドにある木々の中に古い車両があり、朽ちた様子で表現しています。
(写真6 多摩大学目黒中学・高等学校 クラフト部)
多摩大学目黒中学・高等学校 クラフト部

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の話題は、もうしばらく続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する