にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の17回目です。

1校目は、“春の市ヶ谷駅”というタイトルの「埼玉県立大宮工業高等学校 鉄道愛好会」の作品です。
桜のシーズンの中央線市ヶ谷駅付近を表現したものです。
(写真1 埼玉県立大宮工業高等学校 鉄道愛好会)
埼玉県立大宮工業高等学校 鉄道愛好会

日頃見ている車窓からの風景そのままと言った感じで、凝縮されたモジュール内には、つり堀も作られています。
(写真2 つり堀)
つり堀

2校目は、名鉄“東名古屋港駅”付近をモデルにした「名工学園 名古屋工業高等学校 鉄道研究部」の作品です。
一番奥に駅があり、手前の風景では何か作業をしているように見えます。
(写真3 名工学園 名古屋工業高等学校 鉄道研究部)
名工学園 名古屋工業高等学校 鉄道研究部

これは、新車や廃車車両の貨物扱いを表現したもので、特徴的なダイヤモンドクロスも再現されています。
(写真4 ダイヤモンドクロス)
ダイヤモンドクロス

3校目は、中央本線の“大呼戸沢橋”をモデルにした「東京都立三鷹中等教育学校 鉄道研究同好会」の作品です。
四方津駅と梁川駅間に架かる橋梁を、工作用紙や竹ひごなどで、見事に作り上げています。
(写真5 東京都立三鷹中等教育学校 鉄道研究同好会)
東京都立三鷹中等教育学校 鉄道研究同好会

4校目は、“妻鹿駅より愛をこめて”というタイトルの「淳心学院中・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
山陽電気鉄道の妻鹿(めが)駅をモデルに、工作用紙やプラ板などで建物を製作し、ライトも点灯するようになっています。
(写真6 淳心学院中・高等学校 鉄道研究部)
淳心学院中・高等学校 鉄道研究部

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の話題は、まだまだ続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する