にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の16回目です。

1校目は、“桜ひらひら舞い降りて”というタイトルの「広尾学園 中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
春の東急多摩川線を中心に、東横線・目黒線なども含めた多摩川駅周辺を再現しています。
(写真1 広尾学園 中学校・高等学校 鉄道研究部)
広尾学園 中学校・高等学校 鉄道研究部

多摩川浅間神社や多摩川台公園なども作られていて、雰囲気がとてもよく出ています。
また、線路などには細かいこだわりも見られます。
(写真2 桜ひらひら舞い降りて より)
桜ひらひら舞い降りて より

2校目は、“秋田内陸縦貫鉄道の景色”をモデルにした「千葉県立船橋東高等学校 鉄道愛好会」の作品です。
秋口の様子が、すてきな彩りで表現されています。
(写真3 千葉県立船橋東高等学校 鉄道愛好会)
千葉県立船橋東高等学校 鉄道愛好会

タイトルは“ふるさと”で、その名の通り、心が和む風景となっています。
(写真4 ふるさと)
ふるさと

3校目は、“上流の風景 ~わたらせ渓谷鉄道~”というタイトルの「栃木県立足利高等学校 鉄道研究部」の作品です。
小田急の車両が通過しているため、別の場所を思い浮かべてしまうかも知れませんが、林や清流など、わたらせ渓谷鐵道の魅力を伝えています。
(写真5 栃木県立足利高等学校 鉄道研究部)
栃木県立足利高等学校 鉄道研究部

4校目は、“JR秋葉原駅”を再現した「群馬県立高崎高等学校 鉄道研究部」の作品です。
新幹線をはじめ、たくさんの列車が行き交いますが、京浜東北線・山手線ホームの山手線側には、ホームドアが作られているのもポイントの一つです。
(写真6 群馬県立高崎高等学校 鉄道研究部)
群馬県立高崎高等学校 鉄道研究部

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の話題は、さらに続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する