にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の15回目です。

1校目は、“初夏のダム”というタイトルの「横浜富士見丘学園中等教育学校 地理研究部」の作品です。
ダムの上のほうには、見学して楽しんでいる観光客の姿も見られます。
(写真1 横浜富士見丘学園中等教育学校 地理研究部)
横浜富士見丘学園中等教育学校 地理研究部

水が流れ落ちて川へ流れ込んでいくところと、列車の鉄橋とでうまく情景をまとめています。
(写真2 初夏のダム)
初夏のダム

2校目は、のと鉄道七尾線“能登鹿島駅”を再現した「成城中学・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
桜のシーズンが、とてもきれいな様子を表現して、明るいジオラマとなっています。
(写真3 成城中学・高等学校 鉄道研究部)
成城中学・高等学校 鉄道研究部

また、実際に装着したというヘッドマークも登場して盛り上げていました。
(写真4 実際に装着したというヘッドマーク)
実際に装着したというヘッドマーク

3校目は、上野駅と御徒町駅間の“アメ横”を表現した「独協高等学校 鉄道研究部」の作品です。
JR山手線(東北線)上野駅近くのカメラ量販店も、特徴的な建物の一つとして作らています。
(写真5 独協高等学校 鉄道研究部)
独協高等学校 鉄道研究部

このほか、ガード下の都営バスが通るシーンなども、いい感じになっていると思います。
(写真6 昭和レトロ・アメ横)
昭和レトロ・アメ横

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の話題は、まだしばらく続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する