にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
所用で東海道新幹線を利用して大阪へ行った際に、神戸・京都なども含め、鉄道も楽しんできた話題の18回目です。

前回の続きの京阪 男山ケーブル線は、八幡市駅から男山山上駅へと出発です。
(写真1 京阪 男山ケーブル)
京阪 男山ケーブル

八幡市駅を出ると、すぐにカーブ区間となります。
(写真2 出発してすぐのカーブ)
出発してすぐのカーブ

直線区間になると、上下線の列車を交換させるポイントが見えてきます。
(写真3 下り列車とのすれ違い)
下り列車とのすれ違い

ケーブルカーならではのすれ違いを行い、その先にもトンネルが見えてきます。
(写真4 真横を過ぎる下りの列車)
真横を過ぎる下りの列車

手前には、景色のすてきな鉄橋を渡っていきます。
紅葉のシーズンだと、かなりきれいであろうと想像できます。
(写真5 鉄橋)
鉄橋

そして、トンネルを抜けると、まもなく男山山上駅となります。
箱根登山鉄道のケーブル線などとちがって、途中駅はなく、あっという間に到着する感じです。
(写真6 "まもなく男山山上駅)
まもなく男山山上駅

“関西へ2017年春”は、ケーブル線の男山山上駅から、石清水八幡宮の御本殿を目指します。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する