にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月18日(金)~20日(日)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催された「第18回 国際鉄道模型コンベンション」(JAM)から、モデラー出展のつづき7回目です。

まずは、個性的なモジュールの「アメリカいいね!! F・W・H鉄道」の皆さんです。
日本の情景ではないというだけでなく、独特の世界観が魅力的です。
(写真1 アメリカいいね!! F・W・H鉄道)
アメリカいいね!! F・W・H鉄道

この作品は、前回の関連記事でご紹介した「日本大学第三中学校・高等学校 鉄道研究部」の皆さんと同様に、NHKのニュースで放映されていました。
(写真2 NHKのニュースで紹介)
NHKのニュースで紹介

つぎは、たくさんの車両が並ぶ「横須賀鉄道模型同好会」の皆さんです。
横須賀線や京浜急行線など、横須賀に関連した車両をはじめ、多くのHO・16番が見られました。
(写真3 横須賀鉄道模型同好会)
横須賀鉄道模型同好会

ヤードの車両のほか、モジュールには若干の情景も見られました。
(写真4 ヤードやジオラマ)
ヤードやジオラマ

つづいては、エリアは小さいながら、インパクトのある展示の「慶応高校有志」の皆さんです。
鉄橋を下から、上からと、いろいろな角度から楽しむことができます。
(写真5 慶応高校有志)
慶応高校有志

今回の最後は、Nゲージの車両展示が中心の「西武文理大学 鉄道研究会」の皆さんです。
東急や西武の車両のほか、JRの通勤電車や客車など、いろいろな車両が見られました。
(写真6 西武文理大学 鉄道研究会)
西武文理大学 鉄道研究会

第18回 国際鉄道模型コンベンション・モデラー出展の紹介は、もう少し続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する