にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の11回目です。

1校目は、“日本の成長を支えた者たち”というタイトルの「早稲田高校 鉄道研究部」の作品です。
鶴見線浅野駅がモデルになっています。
(写真1 早稲田高校 鉄道研究部)
早稲田高校 鉄道研究部

工場の様子なども細かく作られていて、テーマをしっかりとアピールできていると思います。
ちなみに、京成電鉄のスカイライナーは、各モジュールを通過する列車です。
(写真2 日本の成長を支えた者たち より)
日本の成長を支えた者たち より

2校目は、“弥生台の春”というタイトルの「桐蔭学園高等学校 鉄道研究部」の作品です。
相鉄いずみ野線弥生台駅の桜のシーズンを再現したものです。
(写真3 桐蔭学園高等学校 鉄道研究部)
桐蔭学園高等学校 鉄道研究部

桜とLED照明の関係がうまく使われているほか、駅の改札付近なども、しっかりと作られています。
(写真4 弥生台の春~駅のコンコース)
弥生台の春~駅のコンコース

3校目は、信越本線の“旧・横川駅”を上再現した「東京都立杉並工業高等学校 鉄道模型研究部」の作品です。
国鉄時代をイメージして製作したとのことです。
(写真5 東京都立杉並工業高等学校 鉄道模型研究部)
東京都立杉並工業高等学校 鉄道模型研究部

4校目は駅前にロータリーなどがある「芝浦工業大学附属中学高等学校 鉄道研究部」の作品です。
駅前からには、トンネルの上への階段があり、山の上には建物がありました。
(写真6 芝浦工業大学附属中学高等学校 鉄道研究部)
芝浦工業大学附属中学高等学校 鉄道研究部

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の話題は、しばらく続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する