にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
この春(2017年)に、青春18きっぷを使い、遠出を3回したうちから、横浜(神奈川県)と長野/桐原(長野県)を、中央線などの普通列車のみで日帰り往復した記録の16回目です。

桐原駅から、長野駅にもどったところで、後続の2100系「スノーモンキー」を待ちます。
(写真1 長野電鉄 2100系「スノーモンキー」)
長野電鉄 2100系「スノーモンキー」

JR東日本の成田エクスプレスとして誕生した253系は、ここ長野電鉄で、そのイメージを残しつつ、2100系「スノーモンキー」として活躍しています。
(写真2 前面の「スノーモンキー」 のロゴ)
前面の「スノーモンキー」 のロゴ

そんなことから、前面、側面とたくさんの「スノーモンキー」 のロゴを見ることができます。
(写真3 側面の「スノーモンキー」 のロゴ)
側面の「スノーモンキー」 のロゴ

それでも、以前のイメージもしっかりと守っているという感じです。
(写真4 2100系の側面)
2100系の側面

それから、元・小田急のロマンスカーだった1000系「ゆけむり」にも付いていた“特急運行開始60周年記念ステッカー”が貼ってありました。
(写真5 特急運行開始60周年記念ステッカー)
特急運行開始60周年記念ステッカー

なお、到着した長野駅では、両サイドに元・東急8500系がとまっていて、なれないと、なんとも不思議な感じがします。
(写真6 ヘッドライトが消灯した2100系)
ヘッドライトが消灯した2100系

次回の普通列車で横浜→長野は、スノーモンキーのつづきで最終回となります。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する