にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
本日(2017年10月24日)、長野電鉄で踏切事故があり車両が脱線した報道がありましたが、衝撃的な映像の割には、双方共に大きなけがもなくとのことでしたので、予定通り、長野電鉄の続きを掲載します。

では、この春(2017年)に、青春18きっぷを使い、遠出を3回したうちから、横浜(神奈川県)と長野/桐原(長野県)を、中央線などの普通列車のみで日帰り往復した記録の15回目です。

桐原駅では、長野駅で見てきた1000系「ゆけむり」(元・小田急10000系ロマンスカー HiSE)を地上で再度撮影することにしました。
(写真1 長野電鉄1000系「ゆけむり」)
長野電鉄1000系「ゆけむり」

列車がいない状態での桐原駅は、どちらの方向もなかなかいい感じだと思います。
(写真2 桐原駅)
桐原駅

そして、ここまで乗車してきた8500系T3編成(前回・前々回にT5編成とともに掲載)の後続の普通列車となる8500系T6編成です。
(写真3 長野電鉄8500系)
長野電鉄8500系

そして、前回掲載したのとはちがうデザインの桐原駅の駅名看板(駅名標)です。
(写真4 桐原駅の駅名看板)
桐原駅の駅名看板

桐原駅は、両方向に踏切がありますが、長野方にある踏切からも山がきれいに見えした。
(写真5 踏切から見える山)
踏切から見える山

そして、時間もあまりありませんので、ここから8500系T2編成に乗車して長野駅へもどります。
(写真6 8500系の銘板)
8500系の銘板

東急車輌の銘板や、1976年のローレル賞受賞も、東急時代を感じさせるように残っていました。
(写真7 1976年にローレル賞を受賞)
1976年にローレル賞を受賞

桐原駅の次の本郷駅からは、終点の長野駅まで地下区間になります。
駅を出るとまもなく、地下への入口が見えてきました。
(写真8 本郷駅から長野駅方面への地下区間)
本郷駅から長野駅方面への地下区間

次回の普通列車で横浜→長野は、長野駅でスノーモンキーに出会います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する