にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~一畳レイアウト部門の2回目です。

1校目は、“JR中央線・富士急行線大月駅と山梨リニア実験線”を再現した「東京電機大学高等学校 鉄道研究部」の作品です。
レイアウトの中心にリニア実験線が通り、橋もなかなかインパクトがあります。
(写真1 東京電機大学高等学校 鉄道研究部)
東京電機大学高等学校 鉄道研究部

本当のメインは、JR中央線と富士急行線の大月駅となっていて、全体の雪景色もリアルな感じに仕上がっています。
(写真2 JR中央線・富士急行線大月駅と山梨リニア実験線)
JR中央線・富士急行線大月駅と山梨リニア実験線

2校目は、“気動車の走る田舎の風景”というタイトルの「東京都立杉並工業高等学校 鉄道模型研究部」の作品です。
※出展名は複数掲示されていましたが、大会エントリー名での掲載としています。
小さな駅や牧場と数件の家のほかは、ほとんど建物がありませんが、山や線路の表現を丁寧にしていて、のどかな様子が伝わってきます。
(写真3 東京都立杉並工業高等学校 鉄道模型研究部)
東京都立杉並工業高等学校 鉄道模型研究部

3校目は、“京阪電鉄京津線”をテーマにした「海城中学高等学校 鉄道研究会」の作品です。
京津線の併用軌道区間から浜大津駅へのカーブと、石山坂本線との合流など、大津線のメインとなるところを再現しています。
レイアウトボードの周囲は、京津線のカラーになっています。
(写真4 海城中学高等学校 鉄道研究会)
海城中学高等学校 鉄道研究会

4校目は、“伊豆”をテーマにしたと思われる「麻布学園 鉄道研究部」の作品です。
伊豆急行の車両と海岸の景色などで、さわやかな情景が表現されています。
レイアウトとは別になりますが、琴電(高松琴平電気鉄道)を貸し切った際のヘッドマークも展示されていました。
(写真5 麻布学園 鉄道研究部)
麻布学園 鉄道研究部

5校目は、“お菓子”がテーマになっている「白梅学園高等学校中高一貫部 鉄道模型デザイン班」の作品です。
配色だけでも、参加校をイメージできるほどの個性的なレイアウトです。
おいしそうなお菓子やケーキと、ショベルカーやブルドーザーとの組み合わせもマッチしています。
(写真6 白梅学園高等学校中高一貫部 鉄道模型デザイン班)
白梅学園高等学校中高一貫部 鉄道模型デザイン班

鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~一畳レイアウト部門は、あと1回予定しています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する