にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月18日(金)~20日(日)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催された「第18回 国際鉄道模型コンベンション」(JAM)から、モデラー出展のつづき4回目です。

今回は、鉄道模型コンテストと間違えてしまいそうですが、学生さんの出展で「関東学院六浦中学校・高等学校 鉄道研究部」の皆さんの江ノ島電鉄をテーマにした作品です。
江ノ電沿線の見所をぐっと凝縮したジオラマで、実際の景色が想像できるほどです。
(写真1 関東学院六浦中学校・高等学校 鉄道研究部)
関東学院六浦中学校・高等学校 鉄道研究部

1枚目の写真では、鎌倉高校前駅や極楽寺駅が再現されているところが手前で、2枚目では大仏様が見えるように、長谷駅周辺のイメージとなっています。
(写真2 長谷駅付近)
長谷駅付近

駅のほかにも、列車交換を行う峰ヶ原信号場(鎌倉高校前駅~七里ヶ浜駅)なども作られています。
(写真3 峰ヶ原信号場)
峰ヶ原信号場

また、場所的にはぴったりの位置にないようですが、極楽寺検車区らしき車庫もあります。
(写真4 車庫などがある景色)
車庫などがある景色

その先には、柳小路駅付近が見えます。
(写真5 柳小路駅付近)
柳小路駅付近

見所はたくさんありますが、最後は江ノ島駅~腰越駅の併用軌道区間です。
(写真6 江ノ島駅~腰越駅の併用軌道区間)
江ノ島駅~腰越駅の併用軌道区間

この連休中も大変混雑しているようですけれど、横須賀線鎌倉駅と東海道線藤沢駅を結び、きれいな海や山の景色が見られる江ノ島電鉄で、湘南を楽しむのもすてきだと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する