にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の6回目です。

1校目は、“~昭和30年代~ 東京オリンピックに沸く日本橋”というタイトルの「青稜中学校高等学校 鉄道自動車部」の作品です。
平成も終わるようですが、もしも、続けば2020年も平成30年代ということらなっているところです。
(写真1 青稜中学校高等学校 鉄道自動車部)
青稜中学校高等学校 鉄道自動車部

最近まで見られた昭和の風景も、東京の中心部ではほとんどなくなってしまいました。
作品として、そんな懐かしい雰囲気が、よく再現されていると思います。
(写真2 昭和30年代 東京オリンピックに沸く日本橋)
昭和30年代 東京オリンピックに沸く日本橋

2校目は、“追求”をテーマにした「上野学園高等学校 鉄道部」の作品です。
川に架かる橋梁と河川敷の様子などリアルにできています。
(写真3 上野学園高等学校 鉄道部)
上野学園高等学校 鉄道部

各モジュールを通過していく列車(常磐線)が来ると、よりリアルな感じとなります。
(写真4 橋梁のモジュール)
橋梁のモジュール

3校目は、“第二次世界大戦時の呉”というタイトルの「国立呉工業高等専門学校 ジオラマつくり隊」の作品です。
空襲で焼け落ちる前の2代目呉駅舎を再現したもので、周辺の建物や、ちょっとしたシーンが作られています。
(写真5 国立呉工業高等専門学校 ジオラマつくり隊)
国立呉工業高等専門学校 ジオラマつくり隊

4校目は、“お前はまだワタラセを知らない”というタイトルの「千葉日本大学第一高等学校 鉄道部」の作品です。
わたらせ渓谷鉄道をテーマにして作られたジオラマは、足尾銅山などもイメージして構成されています。
(写真6 千葉日本大学第一高等学校 鉄道部)
千葉日本大学第一高等学校 鉄道部

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の話題は続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する