にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の4回目です。

はじめは、“中央線・飯田橋駅”を再現した「東京都立科学技術高等学校 鉄道研究部」の作品です。
遊び心ありとしていますが、全体としては、とてもリアルな作りとなっています。
(写真1 東京都立科学技術高等学校 鉄道研究部)
東京都立科学技術高等学校 鉄道研究部

モジュール全体を見ると、コーナーを生かして、上手に作り上げています。
(写真2 飯田橋駅)
飯田橋駅

照明が点灯するホームもきれいで、停車する緩行線(総武線との直通)と快速の通過シーンも、なかなかだと思います。
(写真3 飯田橋駅のホーム)
飯田橋駅のホーム

つぎは、“廃墟と化した都市”というタイトルの「江戸川学園取手高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
事故ではなく、戦争をイメージしているとのことですが、とても衝撃的なシーンとなっています。
(写真4 江戸川学園取手高等学校 鉄道研究同好会)
江戸川学園取手高等学校 鉄道研究同好会

また、とても細かくリアルで、よりインパクトの強い作りとなっています。
(写真5 廃墟と化した都市)
廃墟と化した都市

3校目は、“坂の上の風景-松山道後平野の日常-”というタイトルの「武蔵高等学校中学校 鉄道研究部」の作品です。
伊予鉄道のダイヤモンドクロスのほか、道後温泉駅の駅舎などは、こだわって作られています。
(写真6 武蔵高等学校中学校 鉄道研究部)
武蔵高等学校中学校 鉄道研究部

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の話題も続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する