にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
この春(2017年)に、青春18きっぷを使い、遠出を3回したうちから、横浜(神奈川県)と長野/桐原(長野県)を、中央線などの普通列車のみで日帰り往復した記録の10回目です。

列車は、姨捨駅からスイッチバックして長野方面へ向かいます。
(写真1 姨捨駅からスイッチバックして長野方面へ)
姨捨駅からスイッチバックして長野方面へ

実際には、もどりの列車からになりますが、振り返った気分で踏切付近です。
(写真2 姨捨駅の踏切)
姨捨駅の踏切

そして、単線の線路を下っていきます。
(写真3 下り直線からカーブへ)
下り直線からカーブへ

やがて、姨捨駅から見たような景色が、再び見られます。
(写真4 再び見える姨捨駅からのような景気)
再び見える姨捨駅からのような景気

どんどん下っているように感じますが、そうこうしているうちに、謎の線路が出現します。
桑ノ原信号場があるためです。
(写真5 桑ノ原信号場付近)
桑ノ原信号場付近

稲荷山駅を経て、篠ノ井駅が近づくと、貨物列車が見えてきました。
(写真6 篠ノ井駅の貨物列車)
篠ノ井駅の貨物列車

ここでも、根岸線(京浜東北線)を思い出すような感じです。
(写真7 篠ノ井駅ホーム)
篠ノ井駅ホーム

篠ノ井駅から長野方面は、篠ノ井線から信越本線になりますが、列車はそのまま長野まで向かいます。
また、篠ノ井駅からはしなの鉄道も乗り入れてくため、本数や車両のバリエーションも増えます。
(写真8 しなの鉄道 リバイバルカラーの車両)
しなの鉄道 リバイバルカラーの車両

次回の普通列車で横浜→長野は、途中駅をとばして長野駅へとつづきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する