にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2010/06/25日の記事でご紹介したエレキジャックNo.19掲載の
「電圧可変実験用電源」を製作しました。今回は、掲載記事の
通りに作りました。※使用した基盤は少し大きめのものです。
(写真 エレキジャックNo.19 電圧可変実験用電源)
エレキジャックNo.19 電圧可変実験用電源

掲載記事では、使用するAC-DCアダプターを15Vとしていますが、
手持ちにはなく、新たに購入すると少しお値段がするため、
12Vで試してみました。(おそらく問題ないと思います。)

12Vのアダプターのため、電圧を調節できる範囲は、
約1.8V?約10.6Vとなりました。(電流は0.2Aで遮断)
プラレールの改造でよく利用する電圧は、
9V.5V,3Vなので、問題なく使用できそうです。

先に(製作して)使用している秋月電子通商の
「大容量出力可変安定化電源キット」LM350T使用
の回路で作ったものもあり、さらに便利になりました。

ちなみに、今回製作の電圧可変実験用電源には、
LEDを取り付けることになっていますが、
出力する電圧に合わせて明るさが変化するように
なっています。なかなかおもしろく便利です。

詳しくは、エレキジャックNo.19(CQ出版社)
P.14?の「電圧可変実験用電源」をご覧ください。
また、部品はいつものように東京・秋葉原で調達しましたが、
上手に買い集めると、とても安価で作れます。

[2010/07/14 お知らせ]
このブログ内の人気記事ランキングについて、
各記事のタイトル(トップ記事などは従来通り
ブログのタイトル)が表示されるようにするため
リセットしました。
関連記事
コメント
コメント
プラレールと電子工作
sato9cho 様
いつも、(拍手)コメントなどいただきありがとうございます。ブログを通じてコミュニケーションできることをうれしく思っています。
プラレールは、模型に近い要素もあるので、電子工作とあわせることで楽しみが広がります。これからも、いろいろとおもしろそうなものにチャレンジしていきたいと思います。
2010/07/15(木) 00:19:07 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
車両だけにとどまらず、レール周りの電気設備系統も次々と改良・進化されていて、素晴らしいと思います!
ますます楽しくなっていきそうですね♪さらなる展開を楽しみにしています。
2010/07/14(水) 17:39:50 | URL | sato9cho #GCA3nAmE [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する