にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
先月(2014年11月)中旬のことになりますが、ホビーセンターカトー東京店で保存されている元・京浜急行電鉄230形が落書きされてしまいました。
(写真1 ライトアップされたホビーセンターカトー東京店の230形)
ライトアップされたホビーセンターカトー東京店の230形

Twitterでもこの情報は流れてきましたが、直近に同店で行われる「RFCダイヤ運転フェスタ2014」を見に行く予定もあったことから、事実確認も含めて見てきました。
なお、少し前にホビーセンターカトー公式より、被害については伏せられたまま、修復されたことが伝えられています
(写真2 落書きされてしまった直後の赤い電車)
落書きされてしまった直後の赤い電車

さて、本来の来店の目的は、JAM(国際鉄道模型コンベンション)で見たRFCのダイヤ運転を、今度はゆっくり見てみたいと思い出かけました。
(写真3 RFCダイヤ運転フェスタの案内)
RFCダイヤ運転フェスタの案内

使われている車両はNゲージで、西武鉄道のダイヤなどを再現しています。
(写真4 西武鉄道の車両基地の再現)
西武鉄道の車両基地の再現

この年末(2014年12月26日~12月30日)には、京急百貨店(京急線上大岡駅下車)で行われる「第6回 京急鉄道フェア」でも、開催期間中のうち3日間、RFC(Railwy Fan Club)の走行実演を行うと、京急電鉄から発表されています。
ちょうど、西武カラーの京急車両(KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN)と、京急カラーの西武車両の実車が走行しているので、京急のイベントで西武ですが、楽しめるのではないかと思います。
(写真5 西武鉄道の赤い電車 Nゲージ)
西武鉄道の赤い電車 Nゲージ

それから、230形といえば、ホビーセンター東京オリジナルの「赤い電車 収納BOX」も発売されました。
(写真6 230形 赤い電車 収納BOX)
230形 赤い電車 収納BOX

KATOは、ユーザーを大切にして、皆さんが楽しめるよなイベントにも力を入れいるようで、とてもうれしく思います。
鉄道模型が、ますます楽しいと感じられるように、なっていってほしいものです。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する