にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2014年11月9日(日)に、東京メトロ(東京地下鉄株式会社)綾瀬車両基地にて、「メトロファミリーパーク in AYASE 2014」が開催された話題の続きの7回目です。

再び屋内(工場棟内)の様子で、鉄道模型運転会コーナーからです。
“指令電話”と書かれた電話など、かなり凝ったレイアウトになっています。
(写真1 メトロファミリーパーク in AYASE~鉄道模型運転会)
メトロファミリーパーク in AYASE~鉄道模型運転会

車両は、東京メトロ各線の車両を中心に、小田急やJR東海の車両などがありました。
車載カメラからの映像を映すなど、いろいろと工夫されていました。
(写真2 鉄道模型運転会コーナー)
鉄道模型運転会コーナー

鉄道模型のほかに、プラレールのコーナーもありました。また、このほかにメーカー協賛のコーナーもありましたが、、すでに片付けが終わってしまい、敷いてあったマットだけになっていました。
(写真3 プラレール展示)
プラレール展示

鉄道模型やおもちゃの紹介を終えまして、工場内の機械へと移ります。
まずは、「台車自動塗装装置」です。稼働しているところ見てみたいと思いました。
(写真4 台車自動塗装装置)
台車自動塗装装置

つづいては、「車輪搬送機」で、“カニさん”とも書かれていました。とても愛嬌のある形をしています。
(写真5 車輪搬送機)
車輪搬送機

こちらの工場内でも、台車や車体など検査中の各パーツが、間近で見られるのがおもしろいです。
(写真6 工場棟内の台車や車体など)
工場棟内の台車や車体など

メトロファミリーパーク in AYASE 2014 からの話題は、次回が最終回です。

本日は、このほかに「尾久車両センター ふれあい鉄道フェスティバル (2)」の記事があります。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する