にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2014年11月9日(日)に、東京メトロ(東京地下鉄株式会社)綾瀬車両基地にて、「メトロファミリーパーク in AYASE 2014」が開催された話題の続きの6回目です。

工場内からいったん屋外に出て、鉄道各社グッズ販売コーナーです。
ここに、停めてある車の中に“京浜急行のマーク”を見つけました。よく見ると、となりの車はtoks(東急ステーションリテールサービス)と書かれています。
(写真1 東急電鉄と京急電鉄のグループ会社の車)
東急電鉄と京急電鉄のグループ会社の車

京急のトラックは、側面に「京急ステーションコマース」と書かれています。グッズ販売にやってきた、東急と京急の車両が並んだところを見られるという、おもしろい光景です。
京急のトラックは、マークに気がついて、写真を撮られている方も結構いました。
(写真2 京急ステーションコマース)
京急ステーションコマース

そして、その「鉄道各社グッズ販売コーナー」は、写真一番手前の小田急電鉄から、たくさんの鉄道会社がそろいました。
(写真3 鉄道各社グッズ販売コーナー)
鉄道各社グッズ販売コーナー

先ほども登場の東急電鉄は、やはり“のるるん”です。
(写真4 東急電鉄の“のるるん”グッズ)
東急電鉄の“のるるん”グッズ

このコーナーは、片付けが始まっていたため、あまり詳しく見られませんでしたけれど、東武鉄道には方向幕タオルのようなものや、行先に関する何かのレプリカと書かれているものがありました。
(写真5 東武鉄道から)
東武鉄道から

開催元の東京メトロは、たくさんのグッズを販売していました。他のイベントでも、同社のグッズの多さは目立ちます。
(写真6 東京メトロの販売ブース)
東京メトロの販売ブース

メトロファミリーパーク in AYASE 2014 から は、あと、1~2回の予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する