にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
夜景を楽しむ簡易改造プラレールの第3弾として、ヘッドライト、テールライト、室内灯、LED方向幕、運行番号のライトが点灯し、PWM制御により、停止・超低速から高速までの速度調整ができるなど、鉄道模型に少し近づけたJR南武線E233系を製作したという話題の続きです。

まずは、前回製作の第2弾209系南武線と一緒に並べてみました。
ライトのちがいがおもしろいと思います。
(写真1 第2弾209系と第3弾E233系の南武線プラレール)
第2弾209系と第3弾E233系の南武線プラレール

明るいところでも、LED方向幕や運行番号がくっきりと見えます。
(写真2 E233系 南武線プラレール 先頭・後尾車)
E233系 南武線プラレール 先頭・後尾車

せっかく、室内灯も点灯するので、やはり暗い方がより楽しめるのではないかと思います。
(写真3 E233系 南武線プラレール 先頭・後尾車 ライト点灯)
E233系 南武線プラレール 先頭・後尾車 ライト点灯

前回の記事で、ドア部分に墨入れしたと書きましたけれど、前面の車体と排障器(スカート)の間も、エナメル系塗料を使って黒く塗り、立体感を出すようにしました。
(写真4 車体と排障器の間を黒く塗る)
車体と排障器の間を黒く塗る

それから、速度をコントロールする回路は、台車前方裏側に、表面実装パーツを使ってコンパクトに収納するタイプにしています。
なお、使用する電池は単2形乾電池を、搭載位置も含め普通に1個(1.5V)使用しています。※制御回路は、昇圧して作動させています。発熱もしません。
(写真5 コンパクトに収めたPWM制御回路)
コンパクトに収めたPWM制御回路

次のプラレール関係は、箱根登山鉄道の往復回路改良版の仕上げを行う予定です。
関連記事
コメント
コメント
ライト点灯の魅力
無責任男。様
いつも、製作にご理解とご協力いただき本当にありがとうございます。
先日も(ご存じの場所の)あるイベントで、ライト点灯の車両はとても人気でした。
ライトが点灯すると、車両の魅力が増し、とても楽しいと思います。
せっかくのライト仕様なので、夜景をもっと楽しめるよう、そのうち情景も何か作りたいと思っています。
また、車両についても、いつも同じような改造では飽きてしまうので、時間ができましたら、いろいろとチャレンジしたいと思います。
2014/07/22(火) 18:30:28 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
夜景楽しそうですね。
いつも夢のある車両作りお疲れ様です。
夜景に映えるライト点灯改造の車両は、多くの方が望んでいる商品なのではと思います。
この車両が増えていくと情景にもこだわってみたくなりますね。
ここまできたら、あとは後部車の前面窓をくり抜いて車掌室も室内灯が点灯している感じが出ると更にリアルな車両になりますが、あまり要望を出すと作業が終わらなくなってしまうと思うので、聞かなかったことにして下さい(笑)
しかしながら、いつも夢のある車両を御紹介して頂きありがとうございます。
2014/07/21(月) 10:05:27 | URL | 無責任男。 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する