にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
夜景を楽しむ簡易改造プラレールの第3弾として、鉄道模型に少し近づけたJR南武線E233系を製作しました。
前回同様に、ヘッドライト、テールライト、室内灯、LED方向幕、運行番号のライトが点灯し、PWM制御により、停止・超低速から高速までの速度調整ができます。
なお、実車の南武線E233系への交換はこれからなので、LED表示など細かいところは、後日調整する予定です。
(写真1 プラレール 簡易改造 E233系 南武線 前面)
プラレール 簡易改造 E233系 南武線 前面

第3弾のE233系も3両1編成としました。
(写真2 プラレール 簡易改造 E233系 南武線 側面)
プラレール 簡易改造 E233系 南武線 側面

前回と少し違う点の一つは、ドア部分にもラインがあるため、エナメル塗料を使って墨入れをしました。
また、その溶剤を使って、製品初期状態の京浜東北線・スカイブルーのラインだけを剥がしました。
(写真3 帯の塗装を落として墨入れした様子 E233系プラレール)
帯の塗装を落として墨入れした様子 E233系プラレール

そして、南武線のラインカラーを貼りました。
簡易改造なので、パンタグラフはそのままです。
(写真4 南武線色の帯を貼った様子 E233系プラレール)
南武線色の帯を貼った様子 E233系プラレール

室内灯が点灯すると、夜景も楽しいと思います。
(写真5 3両すべてに室内灯が点灯)
3両すべてに室内灯が点灯

このプラレールの製作の話題は、次へ続きます。
関連記事
コメント
コメント
せっかくなので
ぺたぞう 様
前回の第2弾209系の時は、速度調整についてあまり触れずに記事を終えました。
それは、「プラレール LEDライトとPWM方式速度制御 量産型完成」という別の記事で紹介したものと同じタイプものだったからです。
しかし、紹介から少したっていますので、せっかくですから今回のE233系では、写真を掲載しようかなと思います。
それにしても、改造ネタを掲載するのは、いつも気を使います。
また、節度のない話題でいっぱいになれば、再び完全封印も視野に入れなくてはなりませんので・・・。
改造に限らず、特にプラレール関係は引き続き、かなり自粛や非掲載としていることが多いので、やりづらいなと感じています。
2014/07/20(日) 03:07:13 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
速度調整つきとtweetされてましたが
この車両が速度調整つきとtweetされてましたが、そのあたりの解説は以降の記事でしょうかね。
楽しみにしています。
2014/07/19(土) 21:19:06 | URL | ぺたぞう #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する