にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
先日、KATOの鉄道模型(Nゲージ)EF65-1000の動力ユニットを分解して動くようにした話を書きましたが、ブログ用に再度分解するのが大変なため、こちらは次の大がかりな清掃時にして、先に、同じKATOの「モハ103(非冷房車)」の旧動力ユニットを分解して、動くようにした記録から掲載します。※EF65-1000(旧)と、このモハ103の動力ユニットは一部構造がちがいます。
(写真1 103系 山手線・京浜東北線 Nゲージ)
103系 山手線・京浜東北線 Nゲージ

非冷房タイプのモハ103は、現行品の「通勤電車103系 KOKUDEN」には、含まれていないものです。
また、動力車の「クモハ103」の動力ユニットもちがうものとなっています。
(写真2 KATO Nゲージ 旧動力 モハ103を分解)
KATO Nゲージ 旧動力 モハ103を分解
※カプラーは、冷房車タイプとの連結用に交換したもので、元はアーノルドカプラーです。

さて、この車両が動かなかった原因を結論から言ってしまうと動力車輪でした。
レールクリーナーを綿棒につけて、清掃しただけでは全く電気が流れませんでした。
(写真3 Nゲージ 動力車輪の清掃)
Nゲージ 動力車輪の清掃
※車輪だけにしてからの方が、格段に清掃しやすくなります。(イメージです。)

そこで、メラミンスポンジ 激落ちくん(レック)や、2000番の紙やすりで、表面だけをわずかに削るようにしました。
そして、先ほどのレールクリーナーを少量ベビー綿棒につけて、再度クリーニングしたところ、まずは電気が流れて、それなりに動くようになりました。
(写真4 メラミンスポンジ 激落ちくん)
メラミンスポンジ 激落ちくん

古い動力とはいえ、モーターに異常は無さそうだったので、車体側の集電用金属も同じように磨くなどして、きれいにしました。
(写真5 集電用の金属 車体側)
集電用の金属 車体側

つづいて、車輪側の集電用の金属や、車輪などもきれいにしたところ、より走行が安定してきました。
(写真6 集電用の金属 車輪側)
集電用の金属 車輪側
(写真7 集電用金属の清掃)
集電用金属の清掃
※清掃後の撮影です。実際には、綿棒が真っ黒になります。

しかし、まだ低速時に、やや不安定な動きが見られます。
そこで、他の動力でもテスト済みの、同じ形のギヤ同士を交換したり、向きを変えるなどして、台車のみの時により坂をスムースに転がる組み合わせを探ります。このあたりは、プラレールの動力でのたくさんの経験を生かせるところでもあります。
あと、本来Nゲージのギヤにはグリスを使いませんが、わずかに気になるかみ合わせがあったので、その部分だけ(念のため)ごく少量のグリスを塗ることにしました。
(写真8 車輪側 ギヤ付き集電用金属)
車輪側 ギヤ付き集電用金属

今回は、ここまでで、旧動力としては十分な走行をするようになりました。
しかしながら、せっかくユニットを分解したので、ここで終わらせず、モーターもいったん外して撮影を行い、気をつけながらエアダスターでゴミを飛ばしておきました。
(写真9 Nゲージ 旧動力ユニット内のモーター)
Nゲージ 旧動力ユニット内のモーター

最後に、各パーツを再度納めて、元通りにねじを締め直し、作業は完了です。
(写真10 旧動力ユニット金属カバーのねじ止め)
旧動力ユニット金属カバーのねじ止め

仕上げの走行テストを行ったところ問題はなく、走行する車両がまた一つ増えてうれしかったです。
関連記事
コメント
コメント
こちらこそ、ありがとうございます
Ben 様

こちらこそ、楽しい記事を見さ(読ま)せていただいていて、コメントまで書いてくださり、ありがとうございます。

鉄道模型は、大切にしていくと、長いこと使い続けられるので、愛着も湧いて、楽しいものだと思います。

いろいろとお世話になると思いますが、今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
2019/06/15(土) 23:15:11 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
修理の参考になりました。
こんばんは、Panda NEKO No.1さん

初めて、コメントいたします。(^_^)

画像の同型でアーノルドカプラータイプの、
動力車の異音修理の参考にさせていただきました。
拝見し修理の参考にした事と、
感謝へのコメントと させていただきます。
ありがとうございました。m(__)m
2019/06/15(土) 20:00:43 | URL | Ben #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する