にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
以前、電子部品店で購入したネオジウム磁石をご紹介して以来、そのままになっていた小型マグネットを使用した鉄道おもちゃ(プラレール)用の連結を製作しました。
プラレールの改造は、できるだけ控えているので、やり残しになっていることで、環境的に製作可能なものを、このところ手がけています。
(写真1 京浜急行2100形・1500形 改造プラレール)
京浜急行2100形・1500形 改造プラレール

製品の連結セットなどのマグネット連結器はかなり大きなものですので、もう少し車両が映えるようにと思い、丈夫で小さいものを考えてきました。
後日、ホームページ詳しくまとめるつもりがあるので、今回は完成した写真を先に掲載します。
(写真2 小型マグネットによるプラレールの連結)
小型マグネットによるプラレールの連結

製作について簡単にご紹介すると、最近100円ショップで、かなり強力なタイプのネオジウム磁石を手に入れられるようなったため、この製作では、それを使いました。
また、Nゲージ(鉄道模型)化して、たくさん余っているBトレインショーティー(バンダイ)の連結器の形状がとてもいい感じなので、これも利用しています。
あとは、すでに完成済みの棒状連結器の規格に合わせるため、車両と連結器の接続用に、ミニモータートレイン(エポック社)の連結器も使っています。
(写真3 プラレールの小型マグネット連結器に使用したパーツ)
プラレールの小型マグネット連結器に使用したパーツ

簡単にできるかなと思っていたところ、一つだけ大きな問題が生じました。それは、ネオジウム磁石に、瞬間接着剤のアロンアルファが乾燥後きれいにはがれてしまい、使用できないことです。また、強力テープなども全くつきませんでした。
そこで、磁石メーカーのサイトを見たところ、お客様からの質問に答える形で、 磁石用の接着剤が2種類紹介されていました。
今回は、すぐに入手可能だったセメダイン社のハイスーパー5という、パテのように混ぜ合わせて使う接着剤を購入して試してみました。さすが、メーカーの回答だけあって、しっかりと着きました。
(写真4 磁石用の接着剤)
磁石用の接着剤
(写真5 完成したプラレール用小型マグネット連結器)
完成したプラレール用小型マグネット連結器

なお、最近のBトレの連結器に使用されている磁石は、しっかりと固定されていて外れません。無理にはずそうとすると、磁石が砕けてしまいました。
また、昔のタイプの磁石を外したところ、今回使用したネオジウム磁石と大きさが合わず、結局のところ、Bトレの磁石を生かして、ネオジウム磁石を接着してあります。
なお、ネオジウム磁石の種類によっては、あまりに強力なので、新たに取り付けるのを片側だけにした方が、解結するときに便利だと思いました。

改造はおすすめできませんが、参考にして製作(改造)などされる場合は、安全に十分気をつけて、自己責任でお願いいたします。
関連記事
コメント
コメント
かなり強力です
田舎暮らし 様
このマグネットは、かなり強力なので、片側だけでも十分かもしれません。
分割・併結ができると楽しいと思います。
2014/06/09(月) 22:21:01 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
併結の方法を考えていたのですが、これはいい方法だなと思いました。
参考にさせていただきます。
2014/06/08(日) 18:50:52 | URL | 田舎暮らし #- [ 編集 ]
5分型の意味はやはりあったのですね
た625 様
いつも、ありがとうございます。
強力な磁石で、肩こりに貼る・・・を思い出せるのはさすがです。
大きさ的には、小型でちょうどよい感じですけれど、ものとものを引きつける目的で使ったときに、どれだけの力を発揮するか、言われてみると、とても気になります。
それから、混ぜ合わせたり、ゼリー状タイプの接着剤は、これまで使ってこなかったので、5分型”という表示を見たときに不思議な感じてしたけれど、30分や1時間型があるということで、きちんと意味があることがわかり勉強になりました。
最近は、いろいろとな道具や素材が手軽に入手できて、便利だと思います。
2013/11/17(日) 17:34:13 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
こんばんは
こんばんは
ネオジウム磁石って最近よく耳にしますが、
かつてあった、肩こりに貼るやつとは別なんでしょうかね(笑)
調べたら、すごく強力な磁力らしいですが。。。
それと、ハイスーパー5のようなエポキシ系接着剤ですが、
たしか5分型より30分、30分型より1時間と、
硬化時間が長くなるほど、接着力が強力だったと記憶しています。
2013/11/16(土) 23:00:06 | URL | た625 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する