にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2013年7月にリニューアルオープンした横浜市電保存館に、夏休みシーズも終わり、少し見学しやすくなったのではないかということで行ってきました。車両の一部はこれまでになかった塗装になったりしています。
(写真1 横浜市電1510号車)
横浜市電1510号車

初回は、大きく変わったところから簡単にご紹介したいと思います。
まず、看板などがなくなり、エントランス付近はすっきりした感じなりました。
(写真2 横浜市電保存館入口 リニューアル後)
横浜市電保存館入口 リニューアル後

開館時間などが書かれた案内板は、以前はなかったように思います。
(写真3 横浜市電保存館の案内板)
横浜市電保存館の案内板

先ほどの1510号車以外にも、1311号車なども塗装が変更されていました。
(写真4 横浜市電1311号車)
横浜市電1311号車

そして、無蓋貨車10号車には階段がついて、運転台に入れるようになりました。
(写真5 上れるようになった無蓋貨車10号車)
上れるようになった無蓋貨車10号車

一部無造作に置かれれていた展示品は、ケース入れられれたり、案内板が取り付けられるなどして、展示物らしくなりました。ポールトップも、集められて見やすくなっていました。
(写真6 集められて見やすくなったポールトップ)
集められて見やすくなったポールトップ

リニューアルにより、さらに楽しくなった横浜市電保存館を、何回かに分けて記事にしていきます。

本日は、後ほど別の記事の掲載も予定しています。

[2013/09/15 追記]
タイトルを変更して、後の記事に合わせました。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する