にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2013年の“でかけよう!プラレールと夢たび。”「プラレール博inTOKYO」は、4月26日(金)~5月6日(月・休)の11日間、幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)国際展示場9ホールにて、10:00から16:30(最終日は16:00)まで開催されます。
入場料は、大人1,000円(900円)、子ども800円(700円)、2歳以下は無料です。※( )内は、前売券の料金
なお、有料入場者は、入場記念品のプラレール車両が2種類のうちから1つもらえます。
(写真1 プラレール博inTOKYO(2013)のチラシ 表面)
プラレール博inTOKYO(2013)のチラシ 表面
※クリックするといつもよりやや大きな画像を開きます。

まず、一般配布用のチラシ表面には、これから発売される車両も登場しています。
S-48 近鉄観光特急しまかぜ(2013年3月発売予定 1,890円)や、テコロジープラレール TP-05 E6系新幹線 スーパーこまち(2013年3月発売予定 1,029円)・プラレール 連結!E6系スーパーこまち&トミカアーチ踏切セット(2013年4月25日発売予定 5,250円)などがあります。

そして、気になる入場記念品は、E6系新幹線 スーパーこまち 中間車と、E685系特急電車 中間車(ともに、JR東日本の車両)で、どちらか一方を選ぶことになります。

続いて裏面では、すでに前々回の記事でご紹介しましたが、イベント記念商品として、3両単品0系新幹線東京モノレール2000形が予告されています。
(写真2 プラレール博inTOKYO(2013)のチラシ 裏面)
プラレール博inTOKYO(2013)のチラシ 裏面
※クリックするといつもよりやや大きな画像を開きます。

このほかには、定番のきかんしゃトーマスに加え、新たに登場したチャギントンシリーズや、「プラレール組立工場 のりのりプラレール」なども気になるところです。

それから、もとの話題とは少しそれますが、このイベントを京成電鉄グルーブの各社がかなり協力していようで、会場最寄り駅はJR京葉線・武蔵野線 海浜幕張駅ですが、JR総武線・京成線 幕張本郷駅からバスも奨めていて、京成電鉄のホームページを見るように、やや大きく案内されています。(なお、協力欄に鉄道会社では、京王電鉄が掲載されています。)

本日は、このほかに「東急5050系プラレール発売に関する追加情報」の記事があります。
関連記事
コメント
コメント
恐れ入ります
雷鳥8号 様
大変お忙しい(お疲れの)ところ、恐れ入ります。
お子さんが少し大きくなったら、自ら一緒に(プラレール博へ)行きたいというかもしれないですね。
小さいうちは、模型だというわけにもいかないので、鉄道模型とおもちゃを使い分けながら、いろいろと学んで成長してくものと思います。
鉄道以外にも、車に飛行機などと、交通系は一通り教材がたくさんあるので、将来が楽しみですね。
2013/03/02(土) 19:09:03 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
行きたいですね
こんにちは
プラレール博
行きたいですね
今までは娘なので興味がなく
私だけがいくのは?
だったのですが
これからはジュニア君を出汁に
行けそうです。
最も、もう少し掛かりますけどね
(笑い)
2013/03/02(土) 12:18:14 | URL | 雷鳥8号 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する