にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
昨年(2019年)末に、天賞堂 T-Evolutionシリーズ 1/80 16.5mm(16番・HO)の第1弾「クモヤ145形」(国鉄/JR東日本・JR西日本タイプなど各種)が発売されましたが、つづいて、第2弾が、この(2020年)夏に発売されるということで、少し前にパーツの準備を済ませています。
(写真1 1/80 16.5mm 天賞堂 T-Evolutionの準備)
1/80 16.5mm 天賞堂 T-Evolutionの準備

まずは、動力化するための「コアレスパワートラック」です。
品切れが目立っていますが、一緒に再生産される予定なので、焦らなくても大丈夫なはずです。
(写真2 05002 コアレスパワートラック 26P Φ10.5プレート車輪)
05002 コアレスパワートラック 26P Φ10.5プレート車輪

つぎに、動力化しない場合で、走行化する際に必要となる「T-Evolution用走行化パーツキット」は、現時点でも入手可能なところが多くあります。
(写真3 T-Evolution用走行化パーツキット Φ10.5プレート車)
T-Evolution用走行化パーツキット Φ10.5プレート車輪
そして、ちょと気になるのは“パンタグラフのPS16”です。
安価なTOMIX製や、作りが精密なIMON製など、いずれも入手が難しくなっていて(TOMIXは、近日中に再販予定あり、ただし価格は上昇での変更)、天賞堂からは、第1弾で推奨されたものより手頃な価格となる「PS16形パンタグラフ(2個セット)」の発売が予定されていますが、少し遅れて“2020年・秋”の予定となっています。
(写真4 エンドウ PS16型 パンタグラフ グレー)
エンドウ PS16型 パンタグラフ グレー

そこで、いくつか代用が考えられる中から、エンドウの「PS16型 パンタグラフ グレー」と、「パンタグラフ用碍子・ビス」を念のため用意しました。
仮に、天賞堂製のものを使うことになっても、これなら103系へ使い回しができるからです。
あと、TOMIXの連結器については、使うかどうかまだはっきりしないので、ここでは全体の写真のみとします。
(写真5 エンドウ パンタグラフ用碍子・ビス)
エンドウ パンタグラフ用碍子・ビス

第2弾は3タイプの発売が予定されていますが、そのうち、どれを予約したかは書くまでもなさそうですが、今ある1/80の京浜東北線103系と合う時代のものです。
発売後に、手元に本体(車両)が来ましたら、掲載したいと思っています。
お知らせしていましたが、やはり7月の後半から忙しくなり、しばらく更新できなくなってしまいました。
この間も、たくさんのご訪問や過去記事をご覧いただきありがとうございます。

さて、今回は、TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)「113-1500系近郊電車 横須賀色」~“モハ112-モハ113”のユニットです。
最新のロットではありませんが、連結面に幌があるタイプです。
(写真1 TOMIX 113-1500系近郊電車 横須賀色)
TOMIX 113-1500系近郊電車 横須賀色

ワンコインで買えるというきっかけがあって、ひとまず、このユニットを入手してみました。
(写真2 TOMIX 113系1500番台 モハユニット)
TOMIX 113系1500番台 モハユニット

動力も都合よく見つかり、最新と同じフライホイール付きなので、連結器もBMTNに交換しました。
(写真3 TOMIX モハ112 動力化とTNカプラー)
TOMIX モハ112 動力化とTNカプラー

KATOのモハ112(湘南色)が1両だけありましたけれど、横須賀線・総武快速線として、E217系のように編成になるかは、これからの展開次第となります。

そういえば、そのE217系4次車・更新車もようやくあと1両が揃い、11両+4両、11両となりましたので、近いうちに記録したいと思っています。