にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)の103系HG仕様のスカイブルーは、2両目となる「国鉄電車 サハ103形(初期型非冷房車・スカイブルー)」を少し前に入手しました。
(写真1 TOMIX サハ103形 初期型非冷房車)
TOMIX サハ103形 初期型非冷房車

京浜東北線、浦和電車区(現在:さいたま車両センター)の10両貫通編成や、2編成に分割するなどを考えていたところ、ほぼ新品に近い状態の中古品に出会うことができました。
(写真2 サハ103形 初期型非冷房車・スカイブルー)
サハ103形 初期型非冷房車・スカイブルー

先日記録した非冷房車のモハユニットと組むと、中間付近によく組み込まれていた編成のイメージが浮かび上がってきます。
(写真3 TOMIX 103系 非冷房車 モハユニットとサハ)
TOMIX 103系 非冷房車 モハユニットとサハ

TOMIXの103系は、発売されたばかりの非冷房車・オレンジのほか、ATC編成のスカイブルー、ウグイスなどの再販もつづきますので、もう少し増えていきそうです。
京浜間(京浜東北線)の沿線イメージの準備は、だいぶ前になりますが、トミーテック(鉄道模型・Nゲージ)建物コレクション~「複スーパーマーケットA」を入手しています。
ひとまず、開封して組み立ててみました。
(写真1 建物コレクション スーパーマーケットA)
建物コレクション スーパーマーケットA

パッケージなども併せて記録しておきます。
(写真2 建コレスーパーマーケットAの化粧箱など)
建コレスーパーマーケットAの化粧箱など

スーパーマーケットAは、建物コレクションのなかでは、比較的大きな建物です。
ただ、中はわりとシンプルなので、ジオラマに組み込むには、一工夫した方が楽しいかもしれません。
(写真3 スーパーマーケットAの構成)
スーパーマーケットAの構成

あと、付属品に買い物カートなどがあるのはうれしいところです。
(写真4 付属品のカートなど)
付属品のカートなど

いずれ、何かと組み合わせて、簡易イメージも作ってみたいと思っています。
先日の記事で、TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)の初期型非冷房車・オレンジを掲載しましたけれど、今回、新規で発売されたそれとは別に、TOMIX「国鉄 103系通勤電車(初期型非冷房車・スカイブルー)増結セット」を、少し前に入手していましたので、掲載が遅くなりましたが、ここで記録します。
(写真1 TOMIX 103系 初期型非冷房車・スカイブルー 増結)
TOMIX 103系 初期型非冷房車・スカイブルー 増結

京浜東北線などのスカイブルー・非冷房車 は、基本セット(クモハ103-モハ102-クハ103)と、サハ103の4両を入手済みで、新たに、モハ103-モハ102のユニット・2両が加わり、計6両となりました。
(写真2 国鉄 103系通勤電車 非冷房車・スカイブルー)
国鉄 103系通勤電車 非冷房車・スカイブルー

国鉄末期に多かった冷房車と非冷房車が混在する編成を再現するためであったものの、あと少し増やすと2編成目ができたり、横浜線も作れたりしますので、機会があれば、まだほしいところです。
(写真3 モハ103-モハ102 非冷房車ユニット)
モハ103-モハ102 非冷房車ユニット

103系は、これからも増えていくと思いますので、新しい仲間が来ましたら、また記録したいと思っています。
京浜間(京浜東北線)の沿線イメージの準備は、少し前に、TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)「複線高架橋脚ガード下建物セットA」を入手しています。
そこで、昭和50代前半くらいの鶴見線・京浜東北線 鶴見駅付近の簡易イメージを作ってみました。

現在の横須賀線の線路は貨物列車が通っていて、東海道線の線路を横須賀線が一緒に走行していた頃の様子です。
なお、チラリと写っている川崎鶴見臨港バス(京急グループ)も、当時は、銀に青のラインでだいぶイメージがちがうと思います。
(写真1 ガード下建物セットで鶴見線の簡易イメージ)
ガード下建物セットで鶴見線の簡易イメージ

また、現在は、昔の雰囲気を残しつつも(耐震補強工事中)、相鉄・JR直通線も開業したり、臨港バスも一般用は鶴見営業所(駒岡車庫)にもどるようになりましたので、ずいぶんと様子が変わったと思います。
(写真2 TOMIX 複線高架橋脚ガード下建物セットA)
TOMIX 複線高架橋脚ガード下建物セットA

さて、「ガード下建物セットA」の内容にもどりますが、高架下の店舗などに使えるシールが付属しています。
(写真3 ガード下建物セットAの説明書とシール)
ガード下建物セットAの説明書とシール

鶴見線のイメージでは、店舗の裏側が見えていましたけれど、入口側は塗装済みのカラーとなっています。
※複線高架橋脚は付属しておらず、別売りです。
(写真4 TOMIX ガード下建物セットA 店舗入口側)
TOMIX ガード下建物セットA 店舗入口側

おまけになりますが、205系の現在の鶴見線(実車)です。
(写真4 JR鶴見線 205系 鶴見駅付近)
JR鶴見線 205系 鶴見駅付近

鉄道模型の車両や情景など、記録できていないものが、まだ、かなりありますので、少しずつ順番に掲載していく予定です。
相鉄・東急直通線工事(東急新横浜線)は、先日の新綱島駅につづき、同じく2020年3月下旬の日吉駅付近の進捗状況てす。
緊急事態宣言が発せられる前ではありますが、すでに自粛がはじまっている期間ですので、簡易の記録となります。
(写真1 相鉄・東急直通線工事 日吉駅 2020年3月下旬)
相鉄・東急直通線工事 日吉駅 2020年3月下旬

前回の記録から短い間隔ですが、目黒線から直通していく部分や引上線など、着々と進んでいる様子がわかります。
また、対向列車の東京メトロ副都心線からの乗り入れ車両の手前には、工事車両がありました。
(写真2 引き上げ線上の工事車両)
引き上げ線上の工事車両

そして、もう少し手前(綱島方)は、すでに何も行われていないように見えます。
(写真3 綱島駅方面から日吉駅近くのカーブ付近)
綱島駅方面から日吉駅近くのカーブ付近

緊急事態宣言は、ようやく全面的に解除となりましたけれど、まだ注意が十分必要ですので、様子を見ながら記録ができればと思っています。
また、新横浜駅付近についても、4月上旬(緊急事態宣言前)の様子を収めていますので、後日、記録する予定です。