にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
南武線103系(ATC車)と中間車を共用予定のKATO(鉄道模型・Nゲージ)103系 中央・総武緩行線(非ATC車)は、10両編成中、残りのサハ103×2両の製作を始めました。
(写真1 KATO 103系 塗り替えとグリルの除去)
KATO 103系 塗り替えとグリルの除去

中央線色(オレンジバーミリオン)のモハ103とモハ102の余剰車両から、不要なグリルや配管を削って、サハ103を作ります。
(写真2 KATO モハ103とモハ102からサハ103 2両の製作)
KATO モハ103とモハ102からサハ103 2両の製作

サハ化の通風グリルの除去は京浜東北線で行っていて、この中央・総武緩行線用でも、すでに削り、フェイサー(下地剤)まで塗り終えています。
また、カナリアへの変更も、南武線のモハ103で作っていますが、グリーンマックスの鉄道カラー・黄色5号と、KATOのカナリアの色はかなりちがいがありますので、前の製作同様に色の調整が必要となります。
(写真3 KATO 103系 グリルの除去と黄色5号の塗装)
KATO 103系 グリルの除去と黄色5号の塗装

あと、カトーの103系の塗り替えは、最後に戸袋窓や側面方向幕などのHゴムを塗らなくてはいけないため、これが神経を使いますし、時間を要してしまいます。
他の塗装中の製作と併せて、作業を進めていきます。