にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)103系の京浜東北線は、10両貫通の編成にも対応できるようにするため、モハユニットを2両増やすことにしました。
少し前に、「国鉄 103系通勤電車(高運転台ATC車・スカイブルー)」の再生産の発表がありましたから、ユニットサッシの新製冷房車を入れることもできますが、バリエーションを楽しむための6+4の分割と10両貫通ですので、スカイブルーとしては製品化されていない初期型冷改車を作ることにしました。
(写真1 TOMIX 103系 ユニットサッシ車と初期型冷改車)
TOMIX 103系 ユニットサッシ車と初期型冷改車

ちょうどよいことに、ウグイス(山手線)色の初期型冷改車は、ユニット窓車とは対照的に、あちらこちらで余っていて(現時点では)かなり安くなっている店も出てきています。
今回は、下がりはじめの頃に確保していた車両を、山手線の予備車から京浜東北線に振り替えます。
(写真2 TOMIX 103系 初期型冷改車 ウグイス)
TOMIX 103系 初期型冷改車 ウグイス

すでに、サーフェイサー(下地剤)まで、塗り終えていますので、TOMIX用スカイブルーの調色ができ次第、カラーの塗装作業を進める予定です。