にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
京浜間(京浜東北線)の沿線イメージの準備は、TOMYTEC(鉄道模型・Nゲージ)ジオコレ 情景コレクション 情景小物「電柱B ~コンクリート製~」を入手しました。
前回記事と同じく、イメージ確認をするために、横浜市営バスや川崎鶴見臨港バス(京急グループ)などと一緒に、簡易配置してみました。
(写真1 情景コレクション 電柱Bを使った簡易配置 上から)
情景コレクション 電柱Bを使った簡易配置 上から

簡易配置で電線を張っているわけではありませんが、電柱があるとないとでは、思っていた以上にちがいを感じました。
(写真2 情景コレクション 電柱Bを使った簡易配置 下から)
情景コレクション 電柱Bを使った簡易配置 下から

今回の情景コレクションの電柱は、塗装済みの簡易キットになっています。
(写真3 TOMYTEC 情景コレクション 電柱B ~コンクリート製~)
TOMYTEC 情景コレクション 電柱B ~コンクリート製~

合計で12本入っていて、うち3本は、高圧配電線と低圧配電線に、変圧器を取り付けられるタイプです。
(写真4 TOMYTEC 情景コレクション 電柱B 合計12本)
TOMYTEC 情景コレクション 電柱B 合計12本

なお、変圧器(トランス)は、PCB(ポリ塩化ビフェニル)が使用されていていたために交換された後の、現在の形となっていますので、昭和の時代を再現する場合には、旧タイプを表見したものの方がよいと思います。
(写真5 情景コレクション 電柱B 変圧器)
情景コレクション 電柱B 変圧器

今回のイメージ確認で、電柱の必要性を感じたことから、別のメーカーの電柱も試してみたいと思いました。