にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
南武線103系(ATC車)と中間車を共用予定のKATO(鉄道模型・Nゲージ)103系 中央・総武緩行線(非ATC車)は、10両編成中、残りのサハ103×2両の製作を始めました。
(写真1 KATO 103系 塗り替えとグリルの除去)
KATO 103系 塗り替えとグリルの除去

中央線色(オレンジバーミリオン)のモハ103とモハ102の余剰車両から、不要なグリルや配管を削って、サハ103を作ります。
(写真2 KATO モハ103とモハ102からサハ103 2両の製作)
KATO モハ103とモハ102からサハ103 2両の製作

サハ化の通風グリルの除去は京浜東北線で行っていて、この中央・総武緩行線用でも、すでに削り、フェイサー(下地剤)まで塗り終えています。
また、カナリアへの変更も、南武線のモハ103で作っていますが、グリーンマックスの鉄道カラー・黄色5号と、KATOのカナリアの色はかなりちがいがありますので、前の製作同様に色の調整が必要となります。
(写真3 KATO 103系 グリルの除去と黄色5号の塗装)
KATO 103系 グリルの除去と黄色5号の塗装

あと、カトーの103系の塗り替えは、最後に戸袋窓や側面方向幕などのHゴムを塗らなくてはいけないため、これが神経を使いますし、時間を要してしまいます。
他の塗装中の製作と併せて、作業を進めていきます。
京浜間(京浜東北線)の沿線イメージの準備は、TOMYTEC(鉄道模型・Nゲージ)ジオコレ ザ・バスコレクション「臨港バスオリジナルセットⅡ」(事業者特注品)の2つ目も入手しました。
これで、京急グループの川崎鶴見臨港バスは、現役車両が4台となりました。
(写真1 ザ・バスコレクション臨港バスオリジナルセットⅡ)
ザ・バスコレクション臨港バスオリジナルセットⅡ

同じセットの2つ目ですので、浜川崎営業所の三菱ふそうエアロスター(QKG-MP38FK)と、神明町営業所のいすゞエルガ(QDG-LV290N1)が、それぞれ2台ずつとなります。
(写真2 臨港バス バスコレ エアロスターとエルガ各2台)
臨港バス バスコレ エアロスターとエルガ各2台

臨港バスは、引退した車両(浜川崎営業所、鶴見営業所)2台を含めると、計6台となりましたので、上手い活用方法を考えたいと思っています。
京浜間(京浜東北線)の沿線イメージの準備は、TOMYTEC(鉄道模型・Nゲージ)ジオコレ 建物コレクション「パン屋・肉屋・BAR寿司店」~BAR寿司店の“BARブラウン・亀ノ子鮨”を入手しています。
元は、街並みコレクション 第3弾(横町編)で、オープンパッケージ化したものとなっています。
(写真1 TOMYTEC ジオコレ 建物コレクション~BAR寿司店)
TOMYTEC ジオコレ 建物コレクション~BAR寿司店

街並みコレクションは、旧型国電~新性能電車登場くらいが似合うような時代設定ですが、このBAR寿司店については、現在でもありそうですし、少なくとも平成までならば、違和感のないつくりになっている気がします。
(写真2 建物コレクション~BAR寿司店の裏側)
建物コレクション~BAR寿司店の裏側

なかなか手に入らなかったBAR寿司店でしたが、不思議なもので、大変お財布に優しい価格でほぼ同時に2件やってきました。
(写真3 BARブラウン・亀ノ子鮨 2件)
BARブラウン・亀ノ子鮨 2件

アレンジをするにもいいつくりなので、両方とも上手く利用していきたいと思っています。
京浜間(京浜東北線)の沿線イメージの準備は、TOMYTEC(鉄道模型・Nゲージ)ジオコレ ザ・カーコレクション 第15弾“現代の町並み編2”より「日産 ティアナ」2種類を入手しています。
今回の2台にも、タクシーが含まれていて、公共交通(車)も充実してきたことから、先日の個人タクシー・トヨタ クラウンと、川崎鶴見臨港バス(京急グループ)・横浜市営バスと並べて撮影してみました。
(写真1 TOMYTEC ジオコレ 路線バスとタクシー)
TOMYTEC ジオコレ 路線バスとタクシー

2台のうち、一般車の1台のカラーはワインレッドで、もう1台の個人タクシーは黒となっています。
(写真2 TOMYTEC ザ・カーコレクション ~日産 ティアナ)
TOMYTEC ザ・カーコレクション ~日産 ティアナ

本物も、すてきな車ですけれど、カーコレの製品もなかなかだと思います。
(写真3 TOMYTEC ザ・カーコレクション Vol.15より)
TOMYTEC ザ・カーコレクション Vol.15より

ザ・カーコレクション 第15弾“現代の町並み編2”からは、もう1箱分入手していますので、後日の記録を予定しています。
TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)103系の京浜東北線は、10両貫通の編成にも対応できるようにするため、モハユニットを2両増やすことにしました。
少し前に、「国鉄 103系通勤電車(高運転台ATC車・スカイブルー)」の再生産の発表がありましたから、ユニットサッシの新製冷房車を入れることもできますが、バリエーションを楽しむための6+4の分割と10両貫通ですので、スカイブルーとしては製品化されていない初期型冷改車を作ることにしました。
(写真1 TOMIX 103系 ユニットサッシ車と初期型冷改車)
TOMIX 103系 ユニットサッシ車と初期型冷改車

ちょうどよいことに、ウグイス(山手線)色の初期型冷改車は、ユニット窓車とは対照的に、あちらこちらで余っていて(現時点では)かなり安くなっている店も出てきています。
今回は、下がりはじめの頃に確保していた車両を、山手線の予備車から京浜東北線に振り替えます。
(写真2 TOMIX 103系 初期型冷改車 ウグイス)
TOMIX 103系 初期型冷改車 ウグイス

すでに、サーフェイサー(下地剤)まで、塗り終えていますので、TOMIX用スカイブルーの調色ができ次第、カラーの塗装作業を進める予定です。