にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
KATO(鉄道模型・Nゲージ)「101系 鶴見線」は、「101系 総武緩行線色」からの“クハ100とクモハ101”(カナリア2編成目・混色編成用)について、冷房改造車化などを行いました。
ヘッドライトについては、先日の記事の通り、鶴見線ものと交換済みですので、すでに、シールドビーム(2灯式)改造後の姿となっています。
(写真1 KATO 101系 シールドビーム・冷改車化)
KATO 101系 シールドビーム・冷改車化

まず、冷改車化は、 KATO(ラウンドハウスブランド)の「101系 メイクアップパーツセット1」を使って屋根を交換しました。
(写真2 KATO 101系 メイクアップパーツセット1)
KATO 101系 メイクアップパーツセット1

つぎに、同じくセットに入っているクーラー(AU75)を指定の位置に差し込み、グローブ形ベンチレーターは、冷改車化で不要となる1つを除き差し替えます。
(写真3 KATO 101系 クハ100・クモハ101)
KATO 101系 クハ100・クモハ101

なお、このセット1には、今回はここから使わずにすんだシールドビーム改造化用のヘッドライトと、前面をよりリアルに見せるためのダミーカプラーも入っています。
(写真4 101系 メイクアップパーツセット1の内容)
101系 メイクアップパーツセット1の内容

このカプラーも交換してみると、少しばかりの変化ではありますが、見た目がかなりいい感じになっているかと思います。
(写真5 101系 ダミーカプラー)
101系 ダミーカプラー

ちなみに、「101系 メイクアップパーツセット1」は、南武線などの6両編成分までを想定した内容になっていて、2セットとあると、総武緩行線などの10両編成も冷改車化できるようになります。

KATOの101系は、いろいろなバリエーションができて面白く、こうなると、2編成目用のモハ100・カナリア色も、早々にほしいところです。