にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
鶴見線の混色編成や、京浜東北線の塗り替え用として、KATO(鉄道模型・Nゲージ)「101系中央線4両増結セット」を入手しました。
(写真1 KATO 101系中央線4両増結セット)
KATO 101系中央線4両増結セット

本来、中央線の編成を組む仕様なので、それに関連した方向幕などが付属しています。
(写真2 101系の付属パーツ)
101系の付属パーツ

増結セットには、パンタグラフの台があるサハ100形200番台が1両含まれています。
(写真3 パンタグラフの台があるサハ100)
パンタグラフの台があるサハ100

10両集めるには大変そうなので、当面は鶴見線として使うことになると思うことから、まずは、中間車のモハ100を動力車化しようと考えています。
(写真4 101系中央線4両とケース)
101系中央線4両とケース

先に、オレンジ色からになってしまいましたけれど、肝心のカナリヤ(イエロー)の101系(現行品)を入手しなくてはというところです。
次の展開に進みましたら、また、掲載したいと思います。