にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
時間が確保できなかったため、約1週間ほど更新が滞ってしまい、申し訳ありませんでした。いつもながら、ご訪問などありがとうございます。

さて、途中になっていました、相鉄・JR直通線 羽沢横浜国大駅(付近)の工事、 2019年6月中旬の進捗状況の続き4日目で、相鉄線羽沢横浜国大駅から、JR東海道貨物線(横須賀線方面)と東急線方面へと進んだところより、それぞれをさらに見ていきます。

まず、JR東海道貨物線との接続付近では、信号機とエアセクションの標識が見えます。
(写真1 エアセクション)
エアセクション

その手前には、中継信号機があり、こちらも点灯しています。
(写真2 中継信号機)


そして、JR貨物横浜羽沢駅の鶴見駅方では、線路脇にフックのついた工事車両がありました。資材をつり上げたりしているのかもしれません。
(写真3 JR貨物 横浜羽沢駅)
JR貨物 横浜羽沢駅

また、東海道貨物線の新しい架線柱も目立ちます。
(写真4 JR東海道貨物線の新しい架線柱)
JR東海道貨物線の新しい架線柱

このほか、工事車両用のスロープも、まだあります。
(写真5 工事車両用のスロープ)
工事車両用のスロープ

最後は、東急線方面ですが、地下トンネル工事の地上の様子を、ゲートから少しのぞくことができて、「構内徐行」という看板が見えました。
なお、内部の進捗状況は、新横浜駅(仮称)同様に、ここの様子も写真で一部公開しています。
(写真6 相鉄・東急直通線の工事 構内徐行)
相鉄・東急直通線の工事 構内徐行

相鉄・JR直通線(相鉄・東急直通線)、羽沢横浜国大駅の工事の進捗2019年6月中旬の記録は終わりです。
引き続き、様子を見ながら、工事の様子を見ていきたいと思っています。