にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2019年5月19日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2019」からの5回目で、特修工場見学などです。

特修工場見学といっても、中に入れるわけではなく、作業中の車両を外側から見るだけですが、注目のコーナーの一つです。
(写真1 特修工場内の新1000形)
特修工場内の新1000形

新1000形アルミ車や800形などの姿が見られました。
(写真2 特修工場内の800形)
特修工場内の800形

ここで見る車両は、製作中の鉄道模型と同じような感じです。
(写真3 特修工場見学から)
特修工場見学から

次第に珍しいものになって行くであろう“東急車輌”の銘板にも目がいきます。
(写真4 銘板)
銘板

ここ数年は、主工場と特修工場の間が休憩スペースになっています。
(写真5 休憩スペースと特修工場)
休憩スペースと特修工場

ここは、トラバーサーが移動するところで、それ自体は見学通路としても使われているので、このイベントでは、残念ながら稼働している様子は見ることができません。
(写真6 トラバーサー)
トラバーサー

なお、トラバーサーには、一旦停止の文字が書かれているところがあります。
(写真7 トラバーサーに書かれた一旦停止の文字)
トラバーサーに書かれた一旦停止の文字

それから、こちらも数年前から定位置となった、タカラトミー公式協賛の「プラレール広場」です。
ジオラマをはじめ、プラレールの販売や“くじ”なども行われています。
(写真8 プラレール広場)
プラレール広場

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の話題は、次回も続けて記録していく予定です。