にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
相鉄・JR直通線 羽沢横浜国大駅(付近)の工事、 2019年6月中旬の進捗状況の続き3日目です。
前回までは、羽沢横浜国大駅とその付近について、相鉄・JR直通線と相鉄・東急直通線など、タイトルを細かく分けましたけれど、今回は、相鉄・JR直通線として、羽沢横浜国大駅とその付近の工事のタイトルを一緒にします。

相鉄線羽沢横浜国大駅前の歩道橋からは、JR東海道貨物線や東急線方面の線路やトンネルが見えます。
(写真1 相鉄・JR直通線工事 羽沢横浜国大駅 2019年6月中旬)
相鉄・JR直通線工事 羽沢横浜国大駅 2019年6月中旬

羽沢横浜国大駅を後にして、地上の線路やトンネルの様子を見ていきます。
(写真2 相鉄線羽沢横浜国大駅付近)
相鉄線羽沢横浜国大駅付近

まず、JR東海道貨物線から相鉄線方面のトンネル出口付近です。
「横浜羽沢駅」の文字が見えます。
(写真3 JR貨物線から相鉄線方面のトンネル出口付近)
JR貨物線から相鉄線方面のトンネル出口付近

その出口を出たところには、信号機が設置されていて、点灯もしています。
(写真4 点灯している信号機)
点灯している信号機

さらに、その先には、真ん中に挟まれるように、東急線方面とを結ぶ羽沢トンネルがあります。
こちらは、「羽沢」の文字が見えます。
(写真5 東急線方面・羽沢トンネル出口付近)
東急線方面・羽沢トンネル出口付近

相鉄新横浜線(東急線直通)から羽沢横浜国大駅方面にも、信号機(第1場内)が設置されていていて、同じく点灯しています。
(写真6 相鉄新横浜線の場内信号機)
相鉄新横浜線の場内信号機

相鉄・JR直通線(相鉄・東急直通線)、羽沢横浜国大駅の工事の進捗2019年6月中旬は、あと1回の予定で続きます。
相鉄・JR直通線 羽沢横浜国大駅(名称決定済)の工事、 2019年6月中旬の進捗状況の続きです。

羽沢横浜国大駅と歩道橋の関係がわかるところも記録しておきます。
手前すら、環状2号線、相鉄・JR直通線(羽沢横浜国大駅)、JR貨物線と横浜羽沢駅、横浜国大(相鉄バス 横浜駅-釜台-上星川駅)方面の順になります。
(写真1 相鉄線 羽沢横浜国大駅 2019年6月中旬)
相鉄線 羽沢横浜国大駅 2019年6月中旬

再び駅付近にもどりまして、歩道橋と駅を結ぶ階段のそばには、形状から、エレベーターと思われる設置工事が行われていました。
(写真2 歩道橋のエレベーターと思われる工事)
歩道橋のエレベーターと思われる工事

ほぼ同じ場所の歩道橋上から、JR東海道貨物線や羽沢横浜国大駅の反対側などです。
駅舎の周囲は、前回同様、まだ整備が完了していないようです。
(写真3 羽沢横浜国大駅・貨物線側)
羽沢横浜国大駅・貨物線側

あと、こちらも大きな変化は感じませんでしたけれど、西谷駅方面の様子も記録しておきます。
(写真4 羽沢横浜国大駅 工事用ゲートから西谷駅方面)
羽沢横浜国大駅 工事用ゲートから西谷駅方面

そういえば、駅工事の案内板も、元号が、平成から“令和”に書き換えられていました。
また、完成は12月16日となっていました。※開業予定日は、2019年11月30日。
(写真5 相鉄・JR直通線 駅工事の案内板)
相鉄・JR直通線 駅工事の案内板

それから、JR貨物の横浜羽沢駅も、また少し変化がありました。
詳細は、次の訪問のときを予定していますが、新しいバラストと合成枕木の組み合わせが、鉄道模型の最近のポイントを思い出しましたので、きれいなうちに写真を残しておきます。
(写真6 JR貨物 横浜羽沢駅のポイント)
JR貨物 横浜羽沢駅のポイント

相鉄・JR直通線、羽沢横浜国大駅の工事の進捗2019年6月中旬は、さらに、相鉄・JR直通線/相鉄・東急直通線の線路の様子などへと続きます。
相鉄・JR直通線 羽沢横浜国大駅(名称決定済)の工事は、 前回記事から約5ヶ月となる2019年6月中旬の進捗状況です。
3月下旬には、相鉄・JR直通線については締結式も行われていて、報道公開もされています。
(写真1 相鉄・JR直通線 羽沢横浜国大駅 2019年6月中旬)
相鉄・JR直通線 羽沢横浜国大駅の工事 2019年6月中旬

今回は、横浜市営バス・相鉄バスの三枚町バス停から羽沢横浜国大駅へ向かいましたので、相鉄・東急直通線も先に見てきていますが、いつもと同じく、同駅から順に記録していきます。
(写真2 横浜市営バス・相鉄バス 三枚町バス停)
横浜市営バス・相鉄バス 三枚町バス停

さて、駅にもどりますが、相鉄のマークも入った相鉄線羽沢横浜国大駅は、開業が迫っていることを感じさせます。
(写真3 相鉄線羽沢横浜国大駅)
相鉄線羽沢横浜国大駅

駅の中は、まだ工事しているところが多く残りますが、ホームへの階段などは、すでにできあがっています。
(写真4 階段)
階段

反対側には、エスカレータも見えます。
(写真5 エスカレーター)
エスカレーター

また、駅舎の脇には、歩道橋からの階段も作られています。
(写真6 歩道橋)
歩道橋

相鉄・JR直通線、羽沢横浜国大駅の工事の進捗2019年6月中旬は、次回に続きます。

※京急ファミリー鉄道フェスタ2019の続きは、少し間を開けた後に掲載予定です。
TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)209系500番台 京葉線から、2両目で、単品販売となっている「サハ209形500番台」(JR電車 サハ209-500形 京葉線)を入手しましました。
(写真1 TOMIX 209系500番台 京葉線)
TOMIX 209系500番台 京葉線

1両目は新品、2両目は中古で、いずれも部品取りを目的としています。
(写真2 TOMIX JR電車 サハ209-500形 京葉線)
TOMIX JR電車 サハ209-500形 京葉線

今回は、特に「TR246H 台車」が必要でしたが、別売の台車(のみ)よりも価格が安かったことから、床下や車体も他に利用できるので、とても助かります。
(写真3 TOMIX TR246H 台車)
TOMIX TR246H 台車

相変わらず、少しずつ地味な集め方ですが、それはそれで楽しいものがあります。
2019年5月19日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2019」からの7回目で、京急車両部品等販売コーナーなどです。

まずは、会場一番奥の方の「京急車両部品等販売」コーナーです。
時間が早いこともあって、車両の座席など、人気の車両部品がたくさんあります。
(写真1 車両の座席など)
車両の座席など

別のテント下には、方向幕がずらりと並んでいる様子も見られました。
(写真2 方向幕など)
方向幕など

事前応募(抽選)の優先時間内ですので、混乱なく順番に選ぶことができます。
(写真3 京急車両部品等販売コーナー)
京急車両部品等販売コーナー

つづいては、「運転台撮影」コーナーです。
今年は、新1000形アルミ車が使用されていました。
(写真4 運転台撮影 新1000形)
運転台撮影 新1000形

その手前、「信号機操作体験」コーナーは、運転台撮影と同じく、小学生以下と保護者のペア限定ですが、こちらも賑わっています。
(写真5 信号機操作体験コーナー)
信号機操作体験コーナー

そして、地味ながら人気の復元車両は、デ1形からです。
(写真6 デ1形復元車両)
デ1形復元車両

そのとなりは、鮮やかになったデ51形です。
(写真7 デ51形復元車両)
デ51形復元車両

さらに、鉄道模型を作る方などは、特に気になるであろうOK18台車です。
(写真8 OK18台車)
OK18台車

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の話題は、あと1~2回の予定です。