にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2019年5月19日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2019」からの1回目で、車両撮影コーナーからです。
今年は、カラフルな構成から一転して、赤・白のカラーの車両を並べての展示となっていました。
(写真1 京急ファミリー鉄道フェスタ2019 車両撮影コーナー)
京急ファミリー鉄道フェスタ2019 車両撮影コーナー

工場の建物(海)側から、順番に見ていきたいと思います。
まずは、一般的な細い白帯の800形です。
(写真2 800形)
800形

架線柱(電力柱)を挟んで、2100形・新1000形マイナーチェンジ車・新1000形1800番台(山→海)です。
ステンレス製車体の新1000形から、銀の部分がラッピング、または塗装された車両が並びます。
(写真3 2100形・新1000形・新1000形1800番台)
2100形・新1000形・新1000形1800番台

次の3編成の並びは、800形リバイバル塗装車・1500形・600形(山→海)です。
(写真4 800形・1500形・600形)
800形・1500形・600形

600形と2100形の間は、線路間隔が広いので、側面も写真に収めることができます。
(写真5 600形側面など)
600形側面など

そして、事業用車で、電動貨車のデトは、デト15-16の救援車です。
(写真6 デト15-16)
デト15-16

デトの先には、車両撮影コーナー外ですが、KEIKYU BLUE SKY TRAINや、新1000形ステンレス車などもとまっていました。
(写真7 遠方のKEIKYU BLUE SKY TRAIN など)
遠方のKEIKYU BLUE SKY TRAIN など

例年通り、たくさんの人が集まる人気の“車両撮影コーナー”でした。
(写真8 たくさんの人で賑わう車両撮影コーナー)
たくさんの人で賑わう車両撮影コーナー

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の話題は、次回に続きます。