にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
相鉄・東急直通線(新横浜線)新横浜駅(仮称)工事の進捗は、少し変化が見られた2019年4月下旬の様子の続き2回目です。

新横浜駅北口歩道橋(サークル状)には、以前も掲載していますが、相鉄・東急直通線・新横浜駅の進捗状況を掲載している案内板があります。
2019年4月の下旬には、(2019年)3月末の状況が報告されていました。
(写真1 相鉄・東急直通線工事 新横浜駅 進捗状況)
相鉄・東急直通線工事 新横浜駅 進捗状況

地上からは見えない、地下工事の写真は4枚ほどあり、このうち、地下4階・軌道階の構築状況の写真を、大きめに取り上げてみました。
(写真2 地下4階・軌道階の写真)
地下4階・軌道階の写真

そして、同じ歩道橋上から、まずは、新綱島駅(大倉山)方面、横浜市営バス・川崎鶴見臨港バス(京急グループ)のホテル前バス停付近は、上から見ても、すっきりしたことを確認できます。
(写真3 歩道橋から新綱島駅方面)
歩道橋から新綱島駅方面

また、同方向左手の交番跡地も、プレハブだけを残し、大型の機械類の姿がなくなりました。
(写真4 交番跡地)
交番跡地

さらに、JR新横浜駅前の環状2号線(羽沢横浜国大駅方面)も、道路中央付近、バスターミナル側ほか、すっきりとしています。
(写真5 JR新横浜駅前の環状2号線)
JR新横浜駅前の環状2号線

ただし、横浜市営地下鉄ブルーラインと交差する直下の交差点内は、広めに規制がかかたっままとなっています。
(写真6 新横浜駅前の交差点)
新横浜駅前の交差点

それから、場所は変わりますれけれど、JR横浜線の新横浜駅ホームから見える表示は、以前と変わりなく見ることができます。
(写真7 横浜線のホームから見える看板)
横浜線のホームから見える看板

相鉄・東急直通線、相鉄・JR直通線の工事の様子は、機会を見て記録を続けたいと思います。