にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
旧・田町車両センター(跡地)の再開発工事(新駅・高輪ゲートウェイ駅付近)の進捗状況は、元号が令和に変わってまもなくの2019年5月上旬の様子です。
いつもですと、上野東京ライン(東海道線)や京浜東北線の車内からですが、今回は、都営浅草線・京急線 泉岳寺駅付近からとなります。
(写真1 旧・田町車両センター再開発の進捗 2019年5月上旬)
旧・田町車両センター再開発の進捗 2019年5月上旬

京浜東北線北行(・山手線)と同じ山側から新駅を見ることになりますが、位置が変わる車内とちがい、じっくりと工事の進み具合をみることができます。
特徴ある屋根の形も、線路と平行の方向に、はっきりとわかります。
(写真2 工事中の高輪ゲートウェイ駅)
工事中の高輪ゲートウェイ駅

なお、ここは、京浜急行電鉄の本社ビルの裏にある児童公園からの眺めです。
(写真3 京浜急行電鉄の本社ビル)
京浜急行電鉄の本社ビル

ビルを見て、いまさらながら気になったのは、道路側(国道15号線・第1京浜)の看板の取り付け方です。
(写真4 京急電鉄本社ビルの看板)
京急電鉄本社ビルの看板

そして、この本社も再開発とは無関係ではなく、近いうちに神奈川県横浜市のみなとみらい21地区に移転します。
横浜高速鉄道みなとみらい線新高島駅が最寄り駅となり(横浜駅も近い)、日産グローバル本社や原鉄道模型博物館なども近くとなります。
(写真5 泉岳寺交差点)
泉岳寺交差点

さて、駅名や交差点名の泉岳寺ですが、坂を山側(白金高輪方面)に少しだけあがった奥に、忠臣蔵(赤穂浪士)でも有名な、お寺の“泉岳寺”があります。
(写真6 泉岳寺)
泉岳寺

ふたたび、泉岳寺駅にもどってきましたけれど、品川駅寄りの出入口はとても地味な感じです。
(写真7 泉岳寺駅)
泉岳寺駅

ここには、以前にも掲載しましたが、再開発が進めば書き換えられるであろう、車両基地があった頃の配線も書かれた地図が残っています。
(写真8 泉岳寺駅前の地図)
泉岳寺駅前の地図

階段を下りると、祝日なのでシャッターがしまっていますが、上部には“京浜急行電鉄株式会社”という文字が見えます。
今後、本社移転と再開発の進捗でどのようになっていくか、関心があるところです。
(写真9 シャッターの降りた入口)
シャッターの降りた入口

おまけになりますが、泉岳寺駅は、京成電鉄や北総鉄道などの乗り入れ車両も、いろいろな種類(形式)が見られることや、同駅止まりの列車もあり、なかなかおもしろいと思います。
(写真10 泉岳寺駅3・4番線ホーム)
泉岳寺駅3・4番線ホーム

今回は、京急電鉄本社ビルの話題も取り上げましたので、後日、(仮称)京急グループ本社ビルの進捗状況も記録を予定しています。
京浜東北線(横浜線)を想定した103系(鉄道模型・Nゲージ)のうち、グリーンマックスのEVO・HQ用と組み合わせる、TOMIXの103系(HG)先頭車、クモハ・クハの足回りは、それぞれ、モハ103とサハ103をベースにパーツを集めて作ることで、クハ103(低運)用も安価にそろえることができました。
(写真1 103系 TOMIXの足回りと GMのEVO車体)
103系 TOMIXの足回りと GMのEVO車体

ただ、以前クモハの足回りがそろったときにも書きましたけれど、手ブレーキの大錯車だけは、パーツ取り側の車両がともに高運転台車だったために、一体成形になっていて取り外せないことから、何らかの加工をする必要があります。
(写真2 TOMIX クモハ103・クハ103足回り 大錯車を除く)
TOMIX クモハ103・クハ103足回り 大錯車を除く

当初の候補は、KATOのクハ103高運転台車のみでしたが、TOMIXも余剰が出たことと、どちらも似たような感じなことから、選択が増えたのではないかと考えています。
(写真3 TOMIX KATO クハ103から大錯車を取る)
TOMIX KATO クハ103から大錯車を取る

このように、2両分そろったことから、次の作業は、いよいよ大錯車の加工になるとかと思います。
相鉄・東急直通線(新横浜線)新横浜駅(仮称)工事の進捗は、少し変化が見られた2019年4月下旬の様子の続き2回目です。

新横浜駅北口歩道橋(サークル状)には、以前も掲載していますが、相鉄・東急直通線・新横浜駅の進捗状況を掲載している案内板があります。
2019年4月の下旬には、(2019年)3月末の状況が報告されていました。
(写真1 相鉄・東急直通線工事 新横浜駅 進捗状況)
相鉄・東急直通線工事 新横浜駅 進捗状況

地上からは見えない、地下工事の写真は4枚ほどあり、このうち、地下4階・軌道階の構築状況の写真を、大きめに取り上げてみました。
(写真2 地下4階・軌道階の写真)
地下4階・軌道階の写真

そして、同じ歩道橋上から、まずは、新綱島駅(大倉山)方面、横浜市営バス・川崎鶴見臨港バス(京急グループ)のホテル前バス停付近は、上から見ても、すっきりしたことを確認できます。
(写真3 歩道橋から新綱島駅方面)
歩道橋から新綱島駅方面

また、同方向左手の交番跡地も、プレハブだけを残し、大型の機械類の姿がなくなりました。
(写真4 交番跡地)
交番跡地

さらに、JR新横浜駅前の環状2号線(羽沢横浜国大駅方面)も、道路中央付近、バスターミナル側ほか、すっきりとしています。
(写真5 JR新横浜駅前の環状2号線)
JR新横浜駅前の環状2号線

ただし、横浜市営地下鉄ブルーラインと交差する直下の交差点内は、広めに規制がかかたっままとなっています。
(写真6 新横浜駅前の交差点)
新横浜駅前の交差点

それから、場所は変わりますれけれど、JR横浜線の新横浜駅ホームから見える表示は、以前と変わりなく見ることができます。
(写真7 横浜線のホームから見える看板)
横浜線のホームから見える看板

相鉄・東急直通線、相鉄・JR直通線の工事の様子は、機会を見て記録を続けたいと思います。
相鉄・東急直通線新横浜駅(仮称)工事の進捗は、約4ヶ月ぶりで平成の終わりに近い2019年4月下旬の様子です。
これまで、あまり大きなちがいを感じられなかった同駅付近に変化が見られました。
(写真1 相鉄・東急直通線工事 新横浜駅 2019年4月下旬)
相鉄・東急直通線工事 新横浜駅 2019年4月下旬

まずは、横浜市営バス、川崎鶴見臨港バス(京急グループ)のホテル前バス停付近から見ていきます。
道路の中央付近がすっきりしてきました。
(写真2 ホテル前バス停付近)
ホテル前バス停付近

そのため、「循環型地下水制御工法(エコリチャージ)」と書かれた看板のある機械が目立ようになりました。
(写真3 エコリチャージ)
エコリチャージ

そこから、サ-クル状の新横浜駅北口歩道橋を見ると何か違和感があります。
(写真4 新横浜駅北口歩道橋)
新横浜駅北口歩道橋

2月に仮階段の使用が停止となり、すでに撤去されていました。
(写真5 仮階段の使用停止)
仮階段の使用停止

そして、近くのエレベーターもある緩やかな階段をあがっていきます。
(写真6 エレベーターと緩やかな階段)
エレベーターと緩やかな階段

バスターミナル出入口付近も、同じくすっきりとしたように見えます。
(写真7 バスターミナル出入口付近)
バスターミナル出入口付近

JR横浜線、東海度新幹線、横浜市営地下鉄ブルーラインの新横浜駅付近、相鉄・東急直通線(新横浜線)新横浜駅(仮称)の工事の様子は、次回に続きます。