にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
KATO(鉄道模型・Nゲージ)E233系3000番台(上野東京ライン)は、LEDテーブを使用した自作室内灯の取り付け作業に入りましたが、2階建てグリーン車の2両については、車両内にあらかじめ設置されている照明板を生かそうと思い、使い道がなく余っている(旧)LED室内灯を改造して取り付けることにしました。
(写真1 KATO E233系3000番台/E231系1000番台)
KATO E233系3000番台/E231系1000番台

作業箇所は、LEDを手持ちのバックライト用・超高輝度白色LED (10~20円/個)と交換するだけです。
使用したLEDでは、基板に設定されている電流の量などもちょうどよい感じで、そのまま使用できます。
(写真2 KATO E233系3000番台 グリーン車)
KATO E233系3000番台 グリーン車

2両分LEDを交換して取り付けてみましたが、とてもよい感じになりました。
(写真3 KATO E233系3000番台 グリーン車の室内灯)
KATO E233系3000番台 グリーン車の室内灯

所有している編成のうち、唯一、10両すべにKATOのLED室内灯クリアを取り付けたE231系1000番台(東海道線仕様)とも比べてみましたけれど、違いがわからないほど、同じように点灯しています。
(写真4 KATOの室内灯クリアと改造したLEDの比較)
KATOの室内灯クリアと改造したLEDの比較

E233系3000番台としては、残りの8両について、LEDテーブを使用した製作に進めばよいところなのでが、LED室内灯クリアの照明板と組み合わせても同じにるかも試してみましたので、次回、その結果を掲載したいと思います。