にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の44回目です。

1校目は、“JR上野駅”を再現した「東京都立大崎高等学校 ペーパージオラマ部」の作品です。
東北本線や高崎線など、北の玄関口ともいわれていた上野駅の特徴ある部分を上手に作り上げています。
(写真1 東京都立大崎高等学校 ペーパージオラマ部)
東京都立大崎高等学校 ペーパージオラマ部

上野駅は各階にホームが分かれていますが、モジュールとしてメインになっているのは、1階の地上ホームです。
(写真2 上野駅地上ホーム)
上野駅地上ホーム

特注ある駅舎も、駅名の文字を含めて、しっかりと再現されています。
(写真3 上野駅・駅舎)
上野駅・駅舎

常磐線や地下の新幹線ホームなどまで、見事に全体を収めています。
(写真4 地下を含む上野駅モジュール全体)
地下を含む上野駅モジュール全体

2校目は、“或る田舎の風”というタイトルの「日々輝学園高等学校神奈川校 鉄道模型部」の作品です。
駅近くの山の上にはお祭りの会場を設定するなど、空想の田舎の駅をモジュール化しています。
(写真5 日々輝学園高等学校神奈川校 鉄道模型部)
日々輝学園高等学校神奈川校 鉄道模型部


3校目は、“都電荒川線”をイメージした「神奈川県立平塚中等教育学校 鉄道研究同好会」の作品です。
東京さくらトラムらしく、満開の桜のシーズンを表現しています。
(写真6 神奈川県立平塚中等教育学校 鉄道研究同好会)
神奈川県立平塚中等教育学校 鉄道研究同好会

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、いよいよ、あと数回の掲載予定となてきました。