にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の42回目です。

まずは、“工場が並ぶ”モジュールの「世田谷学園 鉄道研究同好会」の作品です。
山手線との組み合わせ自体は作品と無関係ですが、E235系が妙にあっているようにも見えます。
(写真1 世田谷学園 鉄道研究同好会)
世田谷学園 鉄道研究同好会

建物の錆や汚れなどをしっかりと再現するほか、煙突からの煙などの表現も面白いところです。
(写真2 工場)
工場

つぎは、“隅田川沿いの桜並木”というタイトルの「東大寺学園高等学校 鉄道研究部」の作品です。
桜の木の先に見えるガード下の交差点付近など、とてもリアルな感じです。
(写真3 東大寺学園高等学校 鉄道研究部)
東大寺学園高等学校 鉄道研究部

タイトルにもある墨田川も、それにかかる鉄橋とともに作られています。
(写真4 隅田川と桜並木)
隅田川と桜並木

つづいては、JR武蔵野線の“新小平駅”と再現した「城北埼玉高校 鉄道研究部」の作品です。
「新小平駅の日常」というタイルがつけられています。
(写真5 城北埼玉高校 鉄道研究部)
城北埼玉高校 鉄道研究部

駅舎とホームの位置関係に特徴のあるところを、上手に作り上げています。
(写真6 新小平駅のモジュールより)
新小平駅のモジュールより

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、あと、もう少し続きます。