にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
横浜羽沢駅(JR貨物)の記録の前に、2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の41回目です。

1校目は、“鉄道?ロケット”というタイトルの「英数学館高等学校 科学部」の作品です。
発射台や運搬車両など設定がしっかりとしています。
(写真1 英数学館高等学校 科学部)
英数学館高等学校 科学部

角度も変えることができるなど、全体として、とてもリアルな作りになっています。
(写真2 鉄道?ロケット)
鉄道?ロケット

2校目は、JR大阪環状線・桜島線、阪神電車の“西九条駅”を再現した「淳心学院中・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
立体交差やホームの看板など、ポイントを押さえて特徴を出しています。
(写真3 淳心学院中・高等学校 鉄道研究部)
淳心学院中・高等学校 鉄道研究部

道路との交差や交差点なども作られています。
(写真4 西九条駅のモジュールより)
西九条駅のモジュールより

3校目は、“無人駅や牧場”などが見られる「開成学園高等学校 模型部」の作品です。
山間部の駅を中心とした風景は、コーナーを生かした配置になっています。
(写真5 開成学園高等学校 模型部)
開成学園高等学校 模型部

3校目は、“小さな駅や公園など”がある「開成学園高等学校 模型部」の作品です。
作業中の車両や駅前のバスのシーンをはじめ、のどかな感じのするモジュールです。
(写真6 片山学園中学校・高等学校 鉄道研究会)
片山学園中学校・高等学校 鉄道研究会

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、もうしばらく続きます。