にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の40回目です。

1校目は、“海沿い”というタイトルの「星翔高等学校 機械研究部」の作品です。
製作にあたり、須磨海岸の景色などを参考にしています。
(写真1 星翔高等学校 機械研究部)
星翔高等学校 機械研究部

海、線路、住宅など、それぞれ高さをかえて配置しています。
(写真2 須磨海岸などをモデルにしたモジュールから)
須磨海岸などをモデルにしたモジュールから

一番高いところには、レストランや露天風呂などがあり、海や列車をみながら、ゆっくりとくつろげそうです。
(写真3 レストランや露天風呂など)
レストランや露天風呂など

2校目は、“イギリス”をテーマにした「須磨学園高等学校 鉄道研究部」の作品です。
独特の作りの建物が並びます。
(写真4 須磨学園高等学校 鉄道研究部)
須磨学園高等学校 鉄道研究部

丘の上の教会周辺は、もっとも情景を作りこんでいるように見えます。
(写真5 丘の上の教会)
丘の上の教会

3校目は、JR常磐線“偕楽園駅”を表現した「茨城県立土浦第一高等学校 鉄道研究部」の作品です。
臨時駅として利用できる、梅まつりのころをモジュールにしています。
(写真6 茨城県立土浦第一高等学校 鉄道研究部)
茨城県立土浦第一高等学校 鉄道研究部

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、終わりも見えてきましたが、まだ、しばらくは参加団体(校)をご紹介できそうです。