にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の39回目です。

1校目は、“住宅地に線路が通る”モジュールの「桐蔭学園高等学校 鉄道研究部」の作品です。
小道と並行して、保線車両が並んでいる場面もあります。
(写真1 桐蔭学園高等学校 鉄道研究部)
桐蔭学園高等学校 鉄道研究部

線路わきには、中層の住宅やコンビニエンスストアなども見られます。
(写真2 住宅やコンビニエンスストアなど)
住宅やコンビニエンスストアなど

線路や道路の配置が不思議な感じで、全体を面白くしているように思います。
(写真3 モジュール全体)
モジュール全体

2校目は、近鉄“針中野駅”を付近を表現した「大阪府立今宮工科高等学校 鉄道研究部」の作品です。
高架の線路と駒川商店街を中心に構成されています。
(写真4 大阪府立今宮工科高等学校 鉄道研究部)
大阪府立今宮工科高等学校 鉄道研究部

夕方のラッシュ時を控えた時間設定で、駅前や商店街には多くの人が見られます。
(写真5 近鉄針中野駅レイアウト)
近鉄針中野駅レイアウト

3校目は、“4つの南浦和駅”というタイトルの「獨協埼玉中学高等学校 鉄道研究会」の作品です。
JR京浜東北線、武蔵野線が交差する南浦和駅付近を、東西南北の4つの沿線風景で表現しています。
(写真6 獨協埼玉中学高等学校 鉄道研究会)
獨協埼玉中学高等学校 鉄道研究会

今年は、はやいペースで、鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門を掲載していますが、まだたくさんの参加団体(校)をご紹介できそうです。