にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月17日(金)~8月19日(日)までの3日間、東京ビックサイト(東京国際展示場 東京都江東区有明)で開催された「第19回 国際鉄道模型コンベンション」から、モデラー出展の6回目です。

今回は、とてもカプセルプラレールとは思えない、鉄道模型ジオラマに仕上げた「八王子電鉄」さんの作品です。
(写真1 JAM2018~八王子電鉄)
JAM2018~八王子電鉄

ゼンマイが見えることで、カプセルプラレールだとわかりますが、軽便鉄道のような雰囲気は鉄道模型そのものです。
(写真2 軽便鉄道のような雰囲気のカプセルプラレール)
軽便鉄道のような雰囲気のカプセルプラレール

昭和時代と思われる設定の、地方鉄道の車庫なども、線路を置き換えればBトレを加工したかのようにも見えます。
(写真3 地方鉄道の車庫)
地方鉄道の車庫

ボード上に作られたジオラマは、いろいろな場面設定があります。
(写真4 いろいろな場面設定)
いろいろな場面設定

また、なかにはキャラクターものもあり、ディズニーも少し懐かしい感じの設定になっていてすてきです。
(写真5 キャラクターもの)
キャラクターもの

このほか、箱根登山鉄道のカプセルプラレールなど、製品ののままのものも展示がありました。
コンベンションならではの多彩な出展の一つで、とても楽しめます。
(写真6 箱根登山鉄道のカプセルプラレールなど)
箱根登山鉄道のカプセルプラレールなど

第19回 国際鉄道模型コンベンション~モデラー出展よりは、自らも出展した関係でご紹介できるのは一部ではありますが、あと数団体ご紹介する予定です。