にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の37回目です。

1校目は、“新宿駅~バスタ新宿のある風景~”というタイトルの「高輪中学校・高等学校 旅行・鉄道研究部」の作品です。
バスタ新宿を中心に、JR中央線などの新宿駅周辺を表現しています。
(写真1 高輪中学校・高等学校 旅行・鉄道研究部)
高輪中学校・高等学校 旅行・鉄道研究部

メインとなるバスタ新宿は、設計にも力を入れて再現しています。
(写真2 新宿駅とバスタ新宿のある風景より)
新宿駅とバスタ新宿のある風景より

新宿駅には、小田急電鉄やJR線なども配置されています。
(写真3 新宿駅の小田急線など)
新宿駅の小田急線など

2校目は、“ムーミン谷”をテーマにした「白梅学園青修中高一貫部 鉄道模型デザイン班」の作品です。
かわいいキャラクターを上手に利用しています。
(写真4 白梅学園青修中高一貫部 鉄道模型デザイン班)
白梅学園青修中高一貫部 鉄道模型デザイン班

ムーミンやスナフキンなどの配置、また、ベースとなる情景といいバランスをとりながら、丁寧に作られています。
(写真5 ムーミン谷のジオラマから)
ムーミン谷のジオラマから

3校目は、“大自然の中の大鉄橋”というタイトルの「神奈川県立金沢総合高等学校 鉄道研究部」の作品です。
木々の生えている対岸から、山のトンネルに大鉄橋でつながっている風景で自然の良さを表現しています。
(写真6 神奈川県立金沢総合高等学校 鉄道研究部)
神奈川県立金沢総合高等学校 鉄道研究部

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、続ききます。