にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の35回目です。

1校目は、江ノ島電鉄(江ノ電)“極楽寺駅”をモデルにした「湘南工科大学附属高等学校 鉄道研究部」の作品です。
保存車両のタンコロ(100形)などもみられます。
(写真1 湘南工科大学附属高等学校 鉄道研究部)
湘南工科大学附属高等学校 鉄道研究部

近くにある極楽寺検車区も、実際の雰囲気を出して作られています。
(写真2 極楽寺検車区)
極楽寺検車区

また、点灯はないようですが、2灯式の信号機がいい感じに設置されています。
(写真3 信号機)
信号機

2校目は、西武鉄道“西武秩父駅”を再現した「埼玉県立秩父農工科学高校 電機システム科 課題研究 鉄道班」の作品です。
特徴のある駅舎やわきを通る秩父鉄道など、インパクトのある作りになっています。
(写真4 埼玉県立秩父農工科学高校 電機システム科 課題研究 鉄道班)
埼玉県立秩父農工科学高校 電機システム科 課題研究 鉄道班

3校目は、“新幹線と里山”というタイルの「京華高等学校 鉄道研究部」の作品です。
東北新幹線の一ノ関駅~北上駅間をモデルにしています。
(写真5 京華高等学校 鉄道研究部)
京華高等学校 鉄道研究部

山の中には、アップでないとわかりませんが、神社や動物が配置されていたり、踏切に向かう車両など、細かいところにこだわりを感じます。
(写真6 踏切に向かうトラクター)
踏切に向かうトラクター

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、さらに続きます。